ヤマハ発動機、2016年のモータースポーツ活動計画を発表

yamaha01

3月1日、ヤマハ発動機は2016年の国内外におけるレース活動や、グローバルな人材育成プログラムを発表した。従来の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」に加え、昨年創設された若手ライダーの育成を目的とする「YAMALUBE RACING TEAM」、さらにそこへアジアロードレース選手権に参戦する「YAMAHA RACING TEAM」が新設され、3チーム体制で国内外のレースに臨む。

昨年に続きYAMAHA FACTORY RACING TEAMとして全日本ロードレース選手権に臨む中須賀克行は、国内最高峰のJSB1000クラスで前人未到の5連覇に挑戦。すでに4連覇自体が快挙だが、中須賀は「決して守りに入らず、チャレンジャーとして戦っていきます」と意気込んでいる。YAMALUBE RACING TEAMからは、野佐根航汰と藤田拓哉が引き続き参戦。野佐根は3位を3回獲得するなど経験を積み、藤田は怪我によって不本意に終わった悔しさを糧に、新たなシーズンに臨む。JSB1000は4月23日に鈴鹿サーキットで開幕する。

前人未到の5連覇に挑むロードレース部門

全日本モトクロス選手権には、YAMAHA FACTORY RACING TEAMから平田優、そして昨年のIA1でランキング6位を獲得した三原拓也が新たに加わった。YAMALUBE RACING TEAMとしては、昨年に引き続き渡辺祐介がIA2クラスを戦う。全日本モトクロス選手権の開幕戦は、4月2日の九州大会となっている。

2人の若手が挑戦するモトクロス部門

今回の発表で、最も熱量を感じさせたのが全日本トライアル選手権に臨むYAMAHA FACTORY RACING TEAMの黒山健一。「彼がチャンピオンになれないのは我々スタッフのせい」と監督が語れば、黒山も「目標はチャンピオン、それは絶対です」と断言し、王座奪還に向けて並々ならぬ気迫を感じさせた。発表会見から10日後の茨城県・真壁トライアルランドで行なわれた3月11日の開幕戦では、2位と好発進している。

王座奪還を期すトライアル部門

また、日本をはじめ、インドネシア、マレーシア、タイ、カタールを舞台に開催されるアジアロードレース選手権には、『YAMAHA RACING TEAM』が新たに創設され、伊藤勇樹とムハマド・フィトリ・アシュラフ・ビン・ラザリの2名がSS600クラスに参戦する。アジアロードレース選手権は4月2日、マレーシアで開幕する。

中須賀克行

Katsuyuki Nakasuga
1981年8月9日生まれ 福岡県出身
マシン:YZF-R1
カテゴリー:全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)
所属:YAMAHA FACTORY RACING TEAM

中須賀克行

「今シーズンも追われる立場でのレースになりますが、決して守りに入らず、5連覇という記録へのチャレンジャーとして、一戦一戦大事に戦っていきます。また、昨年は全戦優勝が目標でしたが、YZF-R1がフルモデルチェンジされデータの少ない中で開幕を迎え、序盤は苦戦しました。しかし、今年はすでにデータもあるため、“全戦優勝での5連覇”が目標です。なんとしても達成します。期待してください」

黒山 健一

Kenichi Kuroyama
1978年7月24日生まれ 兵庫県出身
マシン:TYS250F
カテゴリー:全日本トライアル選手権(IAスーパークラス)
所属:YAMAHA FACTORY RACING TEAM

黒山健一

「目標はチャンピオン、それは絶対です。具体的には7戦中4勝が最低条件。そのためにシーズンオフは、勝てなかった過去3シーズンを振り返り、対策を行ってきました。特にレベルアップしたマシンに対して、乗り方の変更に取り組み、まだ100%ではないものの、走りは今まで以上のクオリティに達しています。あとは、心を落ち着け、開幕戦を待つのみ。全力で獲りにいきます」

平田 優

Yu Hirata
1984年11月14日生まれ 愛知県出身
マシン:YZ450FM
カテゴリー:全日本モトクロス選手権(IA1クラス)
所属:YAMAHA FACTORY RACING TEAM

平田優

「怪我により、昨年はまったく走れなかったので、年明けから2 ヵ月間、気候の良いニュージーランドで“マシンに乗ること”に重点をおいて合宿を行ってきました。状態としては、去年の良い時までには戻っているし、開幕を控え、とても前向きな気持ちで、後は、コンディションを整えていくだけです。目標は、ファクトリーライダーとしてタイトルをヤマハにもたらすこと。自分をコントロールしながら、冷静に戦います」

三原 拓也

Takuya Mihara
1990年8月22日生まれ 徳島県出身
マシン:YZ450FM
カテゴリー:全日本モトクロス選手権(IA1クラス)
所属:YAMAHA FACTORY RACING TEAM

三原拓也

「今年からヤマハの一員となりました。YZ450FMはパワフルで好印象だし、チームは元ライダーの田島監督が率いるため、大きな強みを感じており、すべてが順調に進んでいます。シーズンでは、チームメイトの平田選手をはじめ、ライバルがたくさんいますが、IA1で過去最高の2位を突破し優勝できるよう開幕から全開で戦うとともに、コンスタントに表彰台に立ってタイトル獲得を目指します」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る