UEFA EURO 2016 report02 グループリーグ第2節を総括

Italy v Sweden - Group E: UEFA Euro 2016

サッカーの欧州一を決める大会『UEFA EURO 2016』が開幕した。欧州各地で行われた予選を勝ち抜いた強豪国のみが出場するEUROはW杯に匹敵する盛り上がりを見せ、平均的な試合のレベルに関してはW杯をしのぐといわれる。出場国が24カ国に増えた今大会はフランスで開催され、厳重なテロへの警戒態勢を敷いた中、国の威信を懸けた熱い試合が繰り広げられている。

2戦目を終え、3チームが突破確定

現地時間18日に行われた試合をもって、グループリーグ第2節が終了した。最終節を残して突破を決めているチームは3チーム。開催国のフランス、大会2連覇中のスペイン、そして前回大会ファイナリストのイタリアだ。それぞれ開幕2連勝を飾り、早々に突破を確定させた。

2試合連続で相手の堅守に苦しめられたフランスだったが、どちらも劇的ゴールによってしっかりと勝ち切り2連勝。前評判ほどの内容を披露できてはいないものの、ポグバ、グリーズマンをベンチスタートさせる層の厚さを見せ、余力を持って決勝トーナメント進出を決めている。また、前人未到のEURO3連覇を目指すスペインは、開幕戦こそチェコの堅守に苦しんだものの、2戦目はトルコ相手に攻撃陣が躍動。3-0で快勝し、こちらも首位通過は間違いなさそうだ。

そして初戦で優勝候補ベルギーに完勝したイタリアは、続くスウェーデン戦でも伝統の“カテナチオ”を披露。イブラヒモヴィッチ擁するスウェーデン攻撃陣を封殺するだけでなく、終了間際には決勝点を奪って勝ち点3を手にした。しっかりと守備を固めて、ワンチャンスを逃さずに勝利する。“ウノゼロ”(1-0)を美学とするイタリアらしい、実に老獪なスタイルで、スター不在のイタリアを優勝候補として推す声も出てきた。ダークホースとするには豪華すぎ、優勝候補とするには華がない。絶対的本命不在といわれている今大会を、エース不在のイタリアが盛り上げている。

決め手に欠ける世界王者

スペイン、フランスと並んで優勝候補筆頭とされていた世界王者ドイツは、2戦目で突破を決めることができなかった。難敵ポーランドと対戦し、試合の大半でボールを支配したものの、決め手を欠きスコアレスドロー。得点王候補にも挙げられるレヴァンドフスキを完封した守備陣は評価できる一方、ミュラー、ゲッツェ、エジルらを擁する攻撃陣の出来には、DFリーダーのボアテングからも不満の声が挙がった。最終節の北アイルランド戦に敗れてグループリーグ敗退という可能性は低いものの、優勝を見据えるならば、攻撃陣の復調は欠かせない。

また、初戦で白星を飾ることができなかったイングランドは、ウェールズとの『バトル・オブ・ブリテン』に臨み、ベイルのFKによって先制を許しながらも、後半に途中出場のヴァーディー、スターリッジがゴールを挙げて逆転勝ち。ようやく手にした初勝利は、チームに勢いをもたらす勝利だったことは間違いない。このイングランドのグループBは、最終節を前にしてすべてのチームに突破の可能性が残されており、最後まで目が離せない。

沈黙続く大エースたち

Italy v Sweden - Group E: UEFA Euro 2016

ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドとスウェーデンのイブラヒモヴィッチは、2試合を終えていまだノーゴール。イブラヒモヴィッチはイタリアのカテナチオの前に成す術なく、ロナウドは何度かゴール前でチャンスを得たほか、PKのキッカーを務めたものの決めることができなかった。ポルトガルもスウェーデンも、最終節を前に未勝利。勝ち点3を手にして決勝トーナメントに進むためには、チームの顔である彼らの爆発が必要だ。

クロアチアとチェコの一戦では、試合中に残念な事件が起きた。クロアチアのサポーターが発炎筒をピッチに投げ込み、試合が中断。クロアチアの選手たちも涙ながらにサポーターをなだめたが、この中断騒動で流れを失ったクロアチアはチェコの反撃に遭い、2-2のドローに持ち込まれ勝ち点2を失った。実はクロアチアはEURO予選でもサポーターの問題行動によって勝ち点剥奪、罰金の支払いを命じられており、実力を高く評価されているチームとは裏腹に、一部のサポーターが足を引っ張る形となっている。

グループリーグは最終節を残すのみとなり、まだ突破を決めていないチームが必死になって勝ち点を獲りにいく、最後まで目が離せない好試合が期待される。

UEFA EURO 2016大会公式サイト
http://jp.uefa.com/uefaeuro/

UEFA EURO 2016のウイイレプレゼント
http://www.spopre.com/present1606

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る