【Revs your Heart】ヤマハ、2015年の国内モータースポーツ参戦体制を発表

01

3月6日、ヤマハ発動機は2015年の国内、アジア地域におけるモータースポーツへの参戦体制を発表した。「YAMAHAFACTORY RACING TEAM」に加え、2015年からは若手ライダーの育成を目的とした「YAMALUBE RACING TEAM」を創設。2チーム体制で国内レースに臨む。
All Photo by ヤマハ発動機

 

まずは全日本ロードレース選手権。国内最高峰のJSB1000クラスで3連覇中の中須賀克行が、フルモデルチェンジした新型「YZF-R1」をベースと するマシンで2015年は「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」で参戦。また、同じくJSB1000には新設された「YAMALUBE RACING TEAM」から、2014年のJSB1000ランキング8位となった野左根航汰と、同9位の藤田拓哉の2人が参戦することも発表された。2選手は中須賀と は異なる仕様のマシンでレースに臨む。JSB1000は4月18日に鈴鹿サーキットで開幕する。

全日本モトクロス選手権には、2014 年IA1クラスランキング5位の平田優と、同IA2クラスランキング5位の安原志の2名が「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からYZ450FMでIA1クラスに参戦。また、同IA2クラスランキング15位の渡辺祐介が「YAMALUBE RACING TEAM」からYZ250FでIA2クラスに参戦する。全日本モトクロス選手権の開幕戦は、4月4日の九州大会(HSR九州)だ。

ま た、全日本トライアル選手権には、IAスーパークラスで2014年ランキングの2位につけた黒山健一が「YAMAHA FACTORYRACING TEAM」の一員としてTYS250Fで出場。発表会見から2日後に茨城県・真壁トライアルランドで行なわれた3月8日の開幕戦では、早くも待望の開幕戦 優勝を果たし、史上最高記録となる通算12回目のチャンピオン獲得に向けて好スタートを切っている。

また、日本をはじめ、インドネシ ア、マレーシア、タイ、カタールを舞台に開催されるアジアロードレース選手権についても、2015年から新設された250ccカテゴリーにYZFR25を ベースとしたマシンで参戦することも発表された。ライダーには、同じくアジア圏となるインドネシア、マレーシア、オーストラリア、タイ、中国、韓国とい う、幅広い国籍の若手選手ら13名を選抜。4月16日のマレーシア、セパン・インターナショナル・サーキットから開幕する。

 

 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

150409_10

150409_09

「今シーズンは、新しいチーム体制、新しいR1、そして創立60周年ということで、ヤマハにとってはチャレンジの一年です。そして僕自身も、これまで誰も 達成したことのない最高峰クラス4連覇にチャレンジすることとなります。昨年はプレッシャーを乗り切るという作業でしたが、今シーズンは新しいことも多 く、楽しみながら戦えると思います。YAMAHAFACTORY RACING TEAMの力を結集し、最高峰クラス4連覇を達成するとともに、新型R1の実力を日本、世界に示してみせます」

 

150409_15150409_14

「このシーズンオフはニュージーランドで合宿を行い、とても良い準備ができました。そして、チームはファクトリーに変わりましたが、僕を支えてくれるス タッフはこれまでと変わらず、本当にすばらしい環境を作ってもらっています。だからこそ、僕がやらなければならないのはただ一つ。チャンピオンの獲得しか ありません。今年こそは、最後にファンの皆さんやチームと笑えるように、最大のライバルである自分自身を乗り越え、てっぺんに立ってみせます」

 

150409_18150409_19

「今年からYAMAHA FACTORY RACING TEAMの一員となりましたが、正直、自分が選ばれて驚きました。これまでと比べものにならない程の責任とプレッシャーを感じていますが、プロフェッショ ナルな環境で、レースに集中できることをありがたく感じています。そしてシーズンでは、平田さんというトップライダーを追いかけ、一流のスタッフから多く を学び、チーム名に恥じないレースを見せたいと思います」

 

150409_22150409_23

「今シーズンはYAMAHA FACTORY RACINGTEAMとなり、強力なバックアップ体制が加わったことで、もう負けることが許されない状況。いい意味でプレッシャーを感じています。過去2 シーズン連続でチャンピオンを逃していますが、このオフは、非常に良いトレーニングができて万全の状態なので、チーム名に恥じない走りで3年前の全勝優勝 を再現し、チャンピオンをもう一度この手でつかみ取ります」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 03日
コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る