空手、悲願の夢舞台へ 祝!2020年 東京オリンピック正式種目採用!!

%e7%a9%ba%e6%89%8b

2020年の東京オリンピック正式種目に「野球・ソフトボール」、「サーフィン」、「ローラースポーツ(スケートボード)」、「スポーツクライミング」、そして「空手道」の5競技18種目が採用されることが決定した。1999年にWKF(世界空手連盟)がIOCに承認されて以降、3度オリンピック種目候補に挙がりながらも採用には至らなかったが、ようやく初採用。4年後に金メダルが期待される4人の選手に、決定の喜びや五輪への意気込みを語ってもらった。

jfk

勇気や希望を与えたい

w_68_uekusa

植草 歩
Ayumi Uekusa
生年月日:1992年7月25日
出身地:千葉県
所属:高栄警備保障
階級:68kg超級
[組手]

■決まった瞬間の気持ちを振り返ってください。
何年も五輪の種目に入らなかったので、最後まで安心できませんでしたが、決まって、やっとだなとホッとしました。

■今の気持ちを聞かせてください。
本当にずっと夢見ていた舞台だったので、夢のままで終わらず良かったです。夢への第一歩が開けましたが、ここまでは先生方がやってくれたこと。次は自分が空手道で成績を出して、日本に貢献できるようにしていきたいと思います。

■空手の魅力について教えてください。
形と組手の両方があることが一番の大きな魅力だと思います。形と組手で大きく競技内容が違いまして、形のしなやかさ、力強さは見ごたえがありますし、組手は技の多彩さ、相手がいるので駆け引きが面白いところだと思います。

■ご自身のアピールポイントを教えてください。
大学を卒業してから、トレーナーをつけてトレーニングをしていて、学生の頃よりも身体が強くなり、技も増えたと思いますが、特に一番得意な“中段突き”を見ていただきたいです。自分より大きな選手の懐に入っていくところを見て、小さな人でも大きな人に勝てるという勇気や希望が与えられたらいいなと思っています。

■2020年に向けて、意気込みをお願いします。
この4年間は長いようであっという間だと思うので、1日1日を大切にして、きちんと世界選手権で優勝して、オリンピックにつなげていけるように頑張っていきたいと思います。

金メダルしか見ていない

m_84_araga

荒賀 龍太郎
Ryutaro Araga
生年月日:1990年10月16日
出身地:京都府
所属:荒賀道場
階級:84kg級
[組手]

■決まった瞬間の気持ちを振り返ってください。
本当に嬉しかったです。現役選手として、夢の舞台であるオリンピックに挑むことができるということで、すごく幸せだと感じました。

■今の気持ちを聞かせてください。
オリンピックに採用されるためにご尽力してくださった方々への感謝の気持ちでいっぱいで、その感謝の気持ちを忘れずに、目標もできたので、4年後に向けて金メダルを目指して頑張っていこうと思いました。

■空手の魅力について教えてください。
僕がやっている組手は、相手が実際にいる競技です。相手との間合いの中で様々な駆け引きがあって、一瞬の隙を見つけて、突き技であったり、大技である蹴り、投げが決まっていきます。その技のスピード感、迫力が魅力です。あとは『礼で始まり礼で終わる』という武道的な精神がありますので、素晴らしい競技だと思います。

■ご自身のアピールポイントを教えてください。
日本人選手の特長でもあるのですが、反応が鋭く、直線的なスピードに長け、小技が巧い。僕もスピードにはすごく自信があるので、それを生かした攻撃技をどんどん繰り出していきたいです。

■2020年に向けて、意気込みをお願いします。
目指す限りは金メダルしか見ていないので、その金メダルを獲るために、この4年間の過ごし方がすごく大切になってくると思います。本当に死に物狂いで練習して、金メダリストとして、良い報告ができるように頑張りたいと思います。

子供たちが目指す憧れに

m_k_kiyuna

喜友名 諒
Ryo Kiyuna
生年月日:1990年7月12日
出身地:沖縄県
所属:沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会
[形]

■決まった瞬間の気持ちを振り返ってください。
本当にオリンピックの種目になるんだという実感が沸いてきました。

■今の気持ちを聞かせてください。
オリンピックになるまでの過程で会長をはじめ、先生方が長年に渡って活動してきた結果だと思うので、自分たち選手はしっかり稽古をして、メダルを獲ることが先生方への恩返しにもなると思います。また次の世代、子供たちが目指す憧れ、希望にもなっていけると思うので、そこを目指します。

■空手の魅力について教えてください。
魅力は何も道具が要らず、世界のどこに行っても空手の素晴らしさをアピールできることですね。自分は空手発祥の地、沖縄の出身なので沖縄と日本の伝統文化として表現できる点が魅力だと思います。

■ご自身のアピールポイントを教えてください。
師匠の演舞は、力強さはもちろんなのですが、やはり“眼”がすごい。自分も獲物を狙うような眼つきというか、眼力を目指してやってきました。『一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき)』という言葉があって、自分の流派でも使われています。今後もさらに、眼力だったり、力強さに注目してもらいたいです。

■2020年に向けて、意気込みをお願いします。
4年間はすぐだと思います。形はやればやるほど理解を深め、味も出てくると思いますし、重ねれば重ねるほど、味わい深い形の演舞になると思いますので、基礎を忘れずに、毎日毎日、技を練っていきたいと思います。

伝統を大事にしながら自分を表現できる

w_k_shimizu

清水 希容
Kiyou Shimizu
生年月日:1993年12月7日
出身地:大阪府
所属:ミキハウス
[形]

■決まった瞬間の気持ちを振り返ってください。
ドキドキや緊張から解放されたといいますか、やっと現実に決まってくれたことにホッとしました。

■今の気持ちを聞かせてください。
『決まったからよし』ではなくて、ここからがスタートだと思うので、上手くスタートを切れるように、3ヵ月後にも世界大会がありますし、多くの人に空手道を見ていただけるように頑張っていきたいです。

■空手の魅力について教えてください。
形の魅力は、日本発祥で、伝統を大事にしながらも、自分を表現できるというのが一番の魅力だと思います。伝統というのはなかなか変えることができませんが、決められた中でどれだけ自分を究めていけるかが大事。他のスポーツにはなかなかないものだと思います。自分を究めていく道は、一生ものだと感じています。

■ご自身のアピールポイントを教えてください。
私の良さは気持ちを強く出せるところです。気持ちを出すところも含め、私自身の表現する形を一番見て欲しいと思っています。今、代表選手として、日本人らしい形を打てるように取り組んでいますので、それを含めて、自分の形を見て欲しいと思います。

■2020年に向けて、意気込みをお願いします。
目標も明確に決まってきます。まずは目の前の世界大会、そして4年後のオリンピックにしっかりつなげていけるように、これから頑張っていきたいと思います。

karate4

空手アンバサダー JFK SP

悲願のオリンピック正式種目採用を果たした空手道。この空手道を支え、広く認知させる活動を担っているアンバサダーを紹介する。また、空手に関係ない文化人・芸能人・空手以外のスポーツマンなどは『アンバサダー JKF SP(スペシャル)』として、より多方面からのサポートが期待されている。

全日本空手道連盟公式応援シンガー AAA

HyperFocal: 0
昨年10周年を迎え、空手アンバサダー JKF SPに就任し、全日本空手道連盟公式応援ソングである『Yell』を歌っているAAA(トリプルエー)の7人に、歌に込めた想いや、空手の印象などを聞いた。
HyperFocal: 0 西島 隆弘 Takahiro Nishijima
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
ストレートな言葉が沢山あるので、聴いてくれた方々のテンションがあがりますようにと想って歌ってみました。

■空手道についての印象を教えてください。
「芯」や「軸」という言葉が合いそうだな、というイメージです。「芯から生まれるブレない動作が自分の軸となる」ようなイメージです。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
東京がオリンピックに選ばれたことによってスポーツを競い合う事ももちろんですが、その期間、日本がどのようになっているのか想像がまだつかないですし、見所でもある、開会式も楽しみです。各国の方々と交流が図れるように少なからずですが英語を覚えたいです。

HyperFocal: 0宇野 実彩子 Misako Uno
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
戦いや挑戦に立ち向かう時は誰もが不安や緊張を抱くもの。みんなの人生の大事な瞬間に、自分を心から信じて大切な誰かのエールを感じてその先の幸せを掴んで行けるように、心からのエールを歌っています。

■空手道についての印象を教えてください。
しなやかな強さをもつ技を出し合って全身に集中した静と動がはっきりと見える、静かな中に激しさと美しさが混在する独特な魅力のある格闘技という印象。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
東京五輪が決定した時の日本中を包んだ大きな喜びと興奮が忘れられません。4年後も歳を重ねても体力が衰えることなく、パワーアップしたパフォーマンスをして、日本の音楽シーンでベストを尽くしていたいというのが目標です。

HyperFocal: 0浦田 直也 Naoya Urata
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
聴いていただける方の背中を押せるよう、優しさの中にも力強さを込めて歌いました。

■空手道についての印象を教えてください。
真っ直ぐなイメージ。外見の強さだけではなく心もしっかり強いイメージがあります。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
東京から日本を盛り上げていこうという気持ちをたくさん感じます。AAAとしてもオリンピックや日本を盛り上げられる存在にもっともっとなれるように頑張りたいです。

HyperFocal: 0 日高 光啓 Mitsuhiro Hidaka
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
久しぶりに、苦難に耐え、自分を信じ、勝利を掴みとる、という王道ど真ん中を応援する歌を書きました。現実は簡単じゃない事ばかりですが、だからこそ、まっすぐに進むことを大切に思うし、そうある人を心から応援したいという気持ちを込めました。

■空手道についての印象を教えてください。
硬派、俊敏、強靭という印象があります。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
昨今、決して順調とは言えなかった日本の状況から、もう一度、日本を世界と強くつなげるための、歴史的なターニングポイントだと思います。2020年までに、全国民が、聴いたことある、って言えるような曲を届けたいです。

HyperFocal: 0與 真司郎 Shinjiro Atae
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
とにかく明るい気持ちで、聴いていただいたみなさんが前向きになれるように、自分も前向きに歌いました。

■空手道についての印象を教えてください。
中学生の時に体育で空手があったので、難しいイメージがあります。でも、短い時間で戦う姿は凄くかっこよく男として憧れるスポーツです。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
すごく華やかなオリンピックになることをイメージしています。今からすごく楽しみです。目標は、2020年までに富士山に登ること!!

HyperFocal: 0末吉 秀太 Shuta Sueyoshi
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
誰しも小さなことから大きなことまで夢を持ってると思うんですけど、その夢への後押しをほんの少しでもこの歌でできればという想いで歌っています。

■空手道についての印象を教えてください。
空手は僕自身経験者なのですが、力、技のスキルだけでなく、忍耐力や礼儀作法まで学べる素晴らしいスポーツだと思います。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
オリンピックは味わったことのない緊張感があり、幾つものドラマが生まれ、お互いを讃え合う最高に素晴らしい場というイメージです。達成というよりはAAAがもっともっと大きくなれたらいいなと思います。

HyperFocal: 0伊藤 千晃 Chiaki Ito
■全日本空手道連盟公式応援ソング『Yell』は、どのような想いで歌っていますか?
何かに向かって頑張っている人の背中を、優しく押すような気持ちで歌っています。たくさんの人の心に響く楽曲になれば嬉しいです。

■空手道についての印象を教えてください。
空手の型をきめる動きにとても魅力を感じます。素早い動きと、その瞬間にでる音がすごくカッコいいなと思います。

■東京五輪に抱いているイメージと、2020年までに達成したい目標をお願いします。
東京五輪は初めての経験なので今からワクワクしています!2020年は私達も更に活躍の場が広がっていて、まだライブのした事のない国でも音楽を伝えていけたらいいなと思います。

プロフィール

男女7人組のスーパーパフォーマンスグループ。2005年9月14日にシングル「BLOODon FIRE」でデビュー。 2005年末、「第47回輝く!日本レコード大賞」最優秀新人賞受賞。また、デビュー1周年にあたる2006年9月13日には初の日本武道館ライブを、前代未聞の無料招待で行い、約1万人の動員を記録。昨年、6年連続となるNHK紅白歌合戦にも出場。現在、全国アリーナツアー「AAA ARENA TOUR 2016 – LEAPOVER -」(今年5月~)を開催中。さらに、11月12、13日に京セラドーム大阪、16日には東京ドームにてグループ初となる単独ドーム公演「AAA Special Live 2016 inDome -FANTASTIC OVER-」の開催が決定している。

小山田 真

%e5%b0%8f%e5%b1%b1%e7%94%b0

こやまだ しん
1982年3月10日生まれ
岡山県岡山市出身のハリウッド俳優、プロデューサー、実業家、篤志家、武道家。出演代表作はトムクルーズ主演ハリウッド映画「ラストサムライ」で準主演・信忠役を演じ、米ディズニー映画「カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー」で日本人初主演、米テレビドラマ「妖怪キング」で主演。高校卒業後の2000年に単身渡米し、ハリウッドを中心に各国で、俳優やプロデューサーとしてハリウッド映画、テレビドラマ、ビデオゲーム、アニメ、アメコミなどに出演及び制作。愛称はSHINさん。

顔 安

2016_07_11_01

ヤン アン
全日本華僑華人連合会会長
舞踊家・振付家として北京国立総政歌舞団所属。
1993年 三菱倉庫株式会社 中国広州首席代表に就任。
2007年「 第9回世界華商大会」副主席に就任。
2008年 K&Q株式会社設立、代表取締役に就任。
2013年 全日本華僑華人連合会会長に就任。

空手アンバサダー JKF50

jkf50image
小学生各学年の形、組手チャンピオン。中学の形、組手チャンピオン。
インターハイ、大学選手権、国民体育大会、全日本大会のチャンピオンら50名のチャンプたちで構成されている。

世界空手1プレミアリーグ最終戦

B4premier1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る