中田英寿が、FIFAが提案するワールドカップ出場国増加について語る

victory_nakata

2017年1月9日(月)(※現地時間)にスイス・チューリッヒで開催された「the FIFA Best Awards」にFIFA VIP Guestとして出席した元サッカー日本代表・中田英寿が新たな視点を加える新スポーツメディア「VICTORY」の独占インタビューに答え、FIFAが提案するワールドカップ出場国増加について語った。

中田英寿は現在、FIFAの評議機関であるIFAB(国際サッカー評議会)のオファーでFootball AdvisoryPanel(サッカー諮問委員)を務めている。自ら語るように、現役引退後はサッカーを通じた社会貢献に意義を見いだし、協会やクラブによる強化・発展の取り組みとは一線を画してきた彼が今、サッカーのルールを検討・変更することができる唯一の機関、IFABにどんな思いで参加し、何を感じているのか。そこでの活動を通じて新たにした、日本サッカー発展の課題や可能性と併せて、大いに語った。

【中田英寿コメント】
「自分自身も98年フランスW杯の時に24から32へ国が増えたことでアジアの第3代表として初めて日本代表として出場でき、それが結果的に、その後のイタリアへの移籍に繋がったという経験がある。様々な国や多くの選手に、W杯へ参加する可能性が広がるのは世界のサッカーの発展のためにはいいことだと思う。大会のクオリティの面でも選手の立場で考えても最大試合数が変わらないことやノックアウト方式の試合が増える形なので、問題ないと感じている」

https://victorysportsnews.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る