鈴鹿アンリミテッドFC 藤田浩平「意識次第でいくらでも成長できる舞台」

fujita_top

J1昇格を目指すJ2のカマタマーレ讃岐を退団し、JFL昇格を目指す東海社会人サッカーリーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに新天地を求めた藤田浩平。自身初となる地域リーグに臨む藤田に、その胸の内を聞いた。

必要とされていると感じた

■新天地として、鈴鹿アンリミテッドFCを選んだ理由を教えてください。
一番は、監督の小澤(宏一)さんと直接会って話をして、自分がすごく必要とされていると感じたことです。それから、これは本当にたまたまですが、去年の愛媛で行われていた全国社会人サッカー選手権大会(以下、全社)を観に行っていて、決勝で負けてしまいましたが、真剣に上を目指しているチームということは感じました。讃岐に同期入団した同い年のホリ(堀河俊大)がいるというのも大きかったですね。

■鈴鹿アンリミテッドFCについて、移籍前の印象と、実際に入ってからの印象を教えてください。
ホリとノグ(野口遼太)さんが讃岐から移籍していたので名前は知っていました。全社を観に行っていたときには、まさか自分が所属することになるとは考えてもいませんでしたけど(笑)。もちろん、Jリーグのクラブに比べれば環境面だったり、トータルの部分で苦労はあると思いますが、逆にそういった環境の中でサッカーができるというのは、チームとしても、個人としても上を目指そうという気持ちで頑張れると思います。自分らしさをどんどん出せる環境だと思いますし、自分の意識次第でいくらでも成長できる舞台だと思います。チームの印象としては、能力が高く、上手い選手が多いですね。能力の高い若い選手も多い一方で、サッカーを知らない選手も多いなという印象です。

■今シーズン、自分やチームの「ここを観てほしい」というところはありますか?
技術面でいえば、パスには自信を持っています。あとはチーム全体をまとめるというか、試合の中でもゲームをコントロールしていきたいですね。ポジションに関しては、讃岐で右サイドバックもやりましたが、本職はボランチなので、ボランチで勝負したいです。

■讃岐で一緒にプレーしていた堀河選手とは、非常に仲が良いそうですね。
2012年、讃岐に一緒に入団して、4年間プレーしましたからね。お互いの特長も分かっていますし、サッカーをやってきた環境も一緒なので、局面、局面でやらなければいけないことに対しての共通理解があります。プレーヤーとしては、テクニックがあってボールを失わないので、信頼してパスを送ることができますね。

■今シーズンの目標をお願いします。
一番大きな目標は、JFLに上がること。そのためにも、個人の能力もそうですし、チームとしての能力も伸ばしていかないといけませんし、しっかりと自分が先頭に立って、チームを引っ張っていけるようにしたいと思います。昨シーズン、最後の最後に勝てなかったという経験をしたことはとても大事なことで、その悔しさを今シーズンに生かさないと勿体ないですよ。

■最後に、ファンへのメッセージをお願いします。
目標は一つです。それに向かって選手は一生懸命、毎日の練習から、毎試合頑張って、目標に突き進んでいきますので、応援よろしくお願いします。

プロフィール

fujita_web

藤田 浩平
Kohei Fujita
1989年6月19日生まれ
兵庫県出身 177cm/70kg
[経歴]立命館大学→カマタマーレ讃岐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る