鈴鹿アンリミテッドFC 2017シーズン始動!

suzuka2017top

鈴鹿アンリミテッドFCの2017シーズンがいよいよ始動する。昨シーズン、あと一歩というところで届かなかったJFL(日本フットボールリーグ)昇格の夢。最後の最後で夢破れた悔しさを胸に、鈴鹿が新たなスタートを切る。

KOP2017

3月11日(土)、東海社会人サッカーリーグ1部に所属する三重県鈴鹿市のチーム、鈴鹿アンリミテッドFCのキックオフパーティーが同市の鈴鹿サーキットで開かれた。

亀井秀樹副市長をはじめ、国会議員、市や支援企業の関係者、サポーターら約200人が参加したパーティーでは、残酷な結末となった昨シーズンの振り返りから、新シーズンの方針、目標などを発表。監督や選手、スタッフの紹介、そして新ユニフォームのお披露目もあった。

山岡竜二社長は「県から初のJリーグのチームを作るという思いは変わらない。昨年のチームに足りなかったのは冷静な分析と状況判断。今年は青い炎で燃え続けJFL昇格を達成する」と力強く挨拶した。 新加入選手13人のうち、最も多くの注目を集めたのがJ1柏レイソルやJ2ロアッソ熊本などでプレーした藏川洋平。新天地の鈴鹿ではプレイングマネージャーとして小澤宏一監督をサポートする藏川は「県リーグからJ1まで全てのカテゴリーでプレーしてきた。その経験を若いチームに還元したい」と話した。

また、新キャプテンを任された堀河俊大は「昨年のような悔しい思いはしたくない。応援してくれる皆さんの思いも背負って1年間戦っていく」と意気込み、目標であるリーグ優勝、そしてJFL昇格を見据えた。

2017年チームスローガン

明日は

今がどんなに辛くても、時が過ぎればそれもまた過去となり、未来は良い方向に進むもの。辛い結末を迎えた昨シーズンの悔しさはそう簡単に忘れられるものではないが、過去は過去。終わったことに囚われず、新たなシーズンに目を向け、鈴鹿アンリミテッドFCは未来に向かって歩みを進めていく。

新ユニフォーム

Spopre162_05-16.pdf

チームカラーである青と緑を基調とすることは変わらず、鈴鹿市のアイデンティティであるチェッカーフラッグ柄も引き続き採用。中央部の11本のラインは、選手11名の結束力を表し、上下一杯に引き伸ばすことで「突き進む、勝ち進む」といった意味も込められている。「昨シーズン味わった悔しい想い」をバネに、両肩に描かれた翼でより高く羽ばたいていく。

2017年 東海社会人サッカーリーグ1部 試合日程

Spopre162_05-16.pdf

◇鈴鹿アンリミテッドFC公式サイト
http://suzuka-un.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る