鈴鹿アンリミテッドFC 曵地裕哉「このチームならJFL、そしてその先も目指せる」

hiichi_top

J1昇格を目指すJ2の愛媛FCを退団し、JFL昇格を目指す東海社会人サッカーリーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに新天地を求めた曵地裕哉。自身初となる地域リーグに臨む曵地に、その胸の内を聞いた。

サッカーができることの幸せを考えた

■新天地として、鈴鹿アンリミテッドFCを選んだ理由を教えてください。
愛媛FCを退団することになり、チームを探していて、一番最初に声をかけてもらったのが鈴鹿アンリミテッドFCでした。カテゴリーが下がってしまうこと、初めてのカテゴリーということで、非常に悩みましたが、どんなカテゴリーであれ、サッカーができることの幸せを考えて決断しました。また、やりがいといいますか、このチームなら上を、JFL昇格、そしてその先も目指せるのではないかと思いました。

■鈴鹿アンリミテッドFCについて、移籍前の印象と、実際に入ってからの印象を教えてください。
去年、愛媛で行われた全国社会人サッカー選手権大会で、決勝まで行ったチームということは知っていました。小澤(宏一監督)さんのことは、声をかけてもらって初めて知ったのですが、自分をすごく必要としてくれたし、小澤さんを筆頭に、去年いた選手も含めて、上に行きたいという意思が伝わってきます。

■昨年、チームは最後の最後で敗れてJFL昇格を逃しました。
鈴鹿サーキットで行われたキックオフパーティのとき、社長からこれまでの経緯を聞かされて知りました。どのカテゴリーもそうですが、上に行くのは簡単なことではないと改めて分かりましたし、去年もいた選手たちが悔しい思いをしていることも理解したので、新加入選手もそういった気持ちを持って試合に臨まなければいけないと思います。

■今シーズン、自分の「ここを観てほしい」というところはありますか?
身長が高いので、ハイボールだったり、ダイナミックさというか、大きな体を生かしたプレーを観てほしいですね。あとは後ろからチームを鼓舞したりするところも観てほしいです。

■副キャプテンとして、心がけていることはありますか?
肩書きを意識してしまうと、考えすぎてしまうところがあるので、心がけというよりは、普段の行動で示していきたいと思っています。練習前の準備だったり、若い選手の手本になる立ち振る舞いだったり。若手が見て、僕もやらなきゃって思えるような行動をしていきたいです。あとは練習中、動きの重い選手に声をかけたり、チームの雰囲気を良くするようには心がけています。

■そういう意味では、藏川洋平選手、冨士祐樹選手といったベテランの存在は大きいのではないですか?
そうですね。むしろ僕の方から声をかけて、話を聞きに行きます。2人とも経験があるので、そういった部分を聞くのも大事だし、聞いて若手に伝えなければいけません。コミュニケーションは取れていますよ。

■今シーズンの目標をお願いします。
チーム全体としても、JFL昇格が一番の目標です。個人的には、シーズンを通して怪我をせず試合に出続けることです。鈴鹿で絶対的な存在になれるように、頑張っていきたいと思います。

■最後に、ファンへのメッセージをお願いします。
チームの目標であるJFL昇格を果たすためには、ファン・サポーターの皆さんがたくさん試合を観に来て、応援しに来てくれることが何より力になりますので、ホームゲームの際はぜひ、多くの人が応援に来てくれると嬉しいです。僕はチームの勝利のためにしっかり無失点に抑えることを目標に毎試合、頑張っていくので、応援宜しくお願いします。

プロフィール

hikichi

曵地裕哉
Yuya Hikichi
1990年9月2日生まれ
北海道出身 193cm/88kg
[経歴]コンサドーレ札幌→愛媛FC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る