鈴鹿アンリミテッドFC 冨士祐樹「カテゴリーよりも、そこで何ができるかが大事だと思った」

fuji-top

J1昇格を目指すJ2のFC岐阜を退団し、JFL昇格を目指す東海社会人サッカーリーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに新天地を求めた冨士祐樹。自身初となる地域リーグに臨む冨士に、その胸の内を聞いた。

小澤さんの力になりたいと思った

■新天地として、鈴鹿アンリミテッドFCを選んだ理由を教えてください。
ギラヴァンツ北九州に所属していた当時、鈴鹿の小澤(宏一)監督がコーチだったので接点があり、オフに話をいただいたのがキッカケです。正直、選手以外の道も考えていましたが、小澤さんの力になりたいと思ったことと、またサッカーができる場所を与えてもらえたことで、決断しました。カテゴリーが下がることで、環境が大きく変化することは分かっていましたが、自分自身、JFLからJ2への昇格を2回(徳島ヴォルティスと北九州で)経験していて、ずっとJリーグでプレーしていたわけではありません。上を目指して戦って、昇格できたときに得られるものの大きさも知っていたので、カテゴリー的には下がりますが、やりがいは持てたし、カテゴリー云々よりも、そこで何ができるかが大事だと思いました。

■鈴鹿アンリミテッドFCについて、移籍前の印象と、実際に入ってからの印象を教えてください。
小澤さんが監督に就任したり、ギラヴァンツ北九州でチームメイトだったカキ(柿本健太)が移籍したということで、名前は知っていました。入ってからの印象としては、仕事をしながらの選手もいる中で、ひたむきに、前向きにやっている選手が多かったことが驚きでしたね。むしろ、こちらが色々と考えさせられることもありました。

■昨年、チームは最後の最後で敗れてJFL昇格を逃しました。
本当に、昇格するのとしないのとでは天国と地獄ほどの差があったと思います。FC岐阜SECONDと試合をしているときに、カキと小澤さんがいるので観に行って、話をしていたので、最後の全国地域チャンピオンズリーグは速報で追っていました。負けたときはやはり悔しかったですが、やっていた選手はそれ以上だと思います。でも、負けたということは運ではないので、最後に結果として残せるように、プレー以外の部分でも何かを伝えていきたいです。

■今シーズン、自分の「ここを観てほしい」というところはありますか?
サイドバックなので、飛び出しだったり、アシストやドリブル突破に目が行くと思うのですが、ゲームのリズムを作ったり、起点になるような最初のパスだったりを観てもらいたいです。派手なプレーではないところで、チームの力になりたいと思っています。

■ベテランとして、プレー以外でどういったことをチームに還元していきますか。
小澤さんが伝えたいことを、より伝わりやすく、実際に動きとして見せたり、逆に選手が思っていることをうまく小澤さんに伝えたり、チームがより良い方向に進んでいけるように、手助けできればと思います。

■最後に、ファンへのメッセージをお願いします。
今シーズンの目標である「JFL昇格」のため、日々、選手は頑張っています。ただ目標の実現には、サポーターの声援も大事ですし、僕らの力になっているので、一緒に目標を達成できるように、これからも熱い応援を宜しくお願いします。

プロフィール

鈴鹿_冨士切抜き

冨士 祐樹
Yuki Fuji
1981年5月7日生まれ
埼玉県出身 179cm/78kg
[経歴]
国士舘大学→大塚FC→徳島ヴォルティス→ニューウェーブ北九州→ギラヴァンツ北九州→FC岐阜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る