- YAMAHA STYLE – ヘル ウヴェ「ヤマハでチャンピオンになりたい」

uwe_top

8月18日(金)、ラグビートップリーグ2017-2018シーズンが開幕した。昨シーズン、あと一歩のところで優勝を逃したヤマハ発動機ジュビロは、悲願のリーグ制覇へ今年こそはと燃えている。ヤマハ発動機ジュビロのキーマンの一人で、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズや日本代表にも選出されたヘル ウヴェに新シーズンへの意気込みを聞いた。

多くを学んだシーズンだった

■昨シーズン、トップリーグ優勝まであと一歩が届きませんでした。振り返ってみて、どんなシーズンでしたか。
初めてトップリーグのシーズンをフルで戦うことができ、学ぶことがとても多い1年でした。最初はベンチでしたが、徐々に試合に出られるようになり、チャンピオンこそ逃しましたが、学ぶことは数多くあったシーズンだったと思います。昨シーズンの反省を生かして、次のシーズンでは必ずチャンピオンになりたいです。

■オフに入る間もなく、サンウルブズでスーパーラグビーのシーズンがスタートしました。スーパーラグビーの経験はいかがでしたか。
日本のトップリーグとはまた違うラグビーを経験することができました。スーパーラグビーはよりフィジカルに長けています。ここでも多くのことを学ぶことができました。

■ヤマハ、サンウルブズ、そして日本代表としてもプレーしています。代表の印象について教えてください。
今は、新しいヘッドコーチのジェイミー(・ジョセフ)がやろうとしているカルチャーを理解しようとしている段階です。去年の11月から始まり、今年は春から始動して、6月の3連戦に至るまで、しっかり積み上がってきているという印象はあります。

ジャパン

■お父さんの影響でラグビーを始めたとのことですが、ラグビーの魅力はどんなところにあるとお考えですか。
実は、最初はラグビーをやりたくありませんでした。私にはラグビーをしていた2人の兄がいて、兄たちとは違うキャリアを考えたかったためです。よりスマートなキャリアに進もうと考えていましたが(笑)、ニュージーランドの高校へ進学して、高校選抜にも選ばれるようになり、日本の拓殖大学でラグビーをする機会を得ることができました。

■日本のラグビーについて、当時はどんな印象を持っていましたか?
また日本とトンガとで、ラグビーの違いはどんなところにあると感じますか。正直、日本のラグビーについてはあまり知りませんでした。唯一、土のグラウンドで練習しているところを映像などで見ていましたので、そこは少し嫌でしたね。ラグビーの違いはそんなにないと思います。日本のラグビーの方が、より走ります。だから自分に合っているのでしょう(笑)。

■ご自身のプレーの特長について教えてください。
スクラムとボールキャリーですね。ただ、すべてのプレーでアピールしたいと思っています。

■今シーズンへの意気込み、目標を教えてください。
昨シーズンよりもっと良いプレーがしたい。それができなければ、日本代表にも選ばれません。そして何より、ヤマハでトップリーグのチャンピオンになることが一番の目標です。日本代表のチャンスを掴むためにも、まずはしっかりトップリーグで結果を出さなければいけないと思っています。自分のプレーはもちろんですが、ヤマハのラグビーに注目してください。

プロフィール

サンウルブズ

ヘル ウヴェ Helu Uwe
ポジション:FL・LO
ニックネーム:ウヴェ
生年月日:1990年7月12日
身長/体重:193cm/113kg
出身地:トンガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る