各界を代表するレジェンドやアスリートが集結!「HEROs SPORTSMANSHIP for THE FUTURE」とは…?

HEROstop

2017年10月30日(月)、日本財団はアスリートによる社会貢献活動を促進することで、様々な社会問題を解決する動きを加速させ、ソーシャルイノベーションの輪を広げていくことを目的に「HEROs SPORTSMANSHIP for THE FUTURE」(以下、「HEROs」)を創設し発表会を開催した。

会場には、発起人となった元サッカー日本代表の中田英寿をはじめ、井上康生(柔道)、川澄奈穂美(サッカー)、佐藤琢磨(モータースポーツ)、田臥勇太(バスケットボール)ら各界を代表するレジェンドやアスリートのHEROsアンバサダー14人が登壇。中田は本プロジェクトの創設のについて、「現役時代は他のスポーツ選手に会う機会がなかったが、今、こうやって様々な競技のアスリートに会えることが、僕の気持ちを盛り上けてくれますし、ここに立っていることが非常に光栄だと思っています。こういう方たちと繋がって、様々な取り組みを行っていくことで、この先、多くのアスリートとつながっていけるでしょうし、社会貢献がつらいもの、何かをあげなければいけないこと、手伝わなければならないものではなくて、自分たちが楽しんでやれるもの、そういったものになっていく社会になればいいなと思っています」と本プロジェクトの期待を込めた。

中田英寿

HEROsは今後社会のため、地域のため、子供たちの未来のため、競技場の外でもスポーツマンシップを発揮している多くのアスリートに注目し、支えていくためのアワードを2017年12月11日(月)にグランドハイアット東京にて開催。審査委員には、タレントの香取慎吾らが名を連ねている。

HEROs AWARD

縲食EROs縲醍判蜒鞘造_171030

「社会とつながるスポーツマンシップ」を発揮したアスリート、チームを表彰し、次の活動へとつながる支援を行う。
●日時:12月11日(月)
●場所:グランドハイアット東京
●審査委員:香取慎吾(タレント)、中井 美穂(アナウンサー)、中江 有里(女優・作家)、藤沢 久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表)、松井 一晃(Sports Graphic Number編集長)、松田 裕雄(株式会社Waisportsジャパン代表取締役)、間野義之(早稲田大学スポーツ科学学術院教授 博士[スポーツ科学])

縲食EROs縲醍判蜒鞘蔵_171030

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る