鈴鹿アンリミテッドFC 2017 SEASON REVIEW

鈴鹿アンリミテッドFCの2017年シーズンが終わった。実に3年ぶりとなる東海社会人サッカーリーグ1部での優勝、そして全国社会人サッカー選手権大会での初優勝と2冠を達成したが、JFL昇格の懸かった全国地域サッカーチャンピオンズリーグで1次リーグ敗退を喫し、昇格の夢は来季へ持ち越しとなった。

主力の流出から始まった2017年

鈴鹿にとっての2017年は、主力選手の移籍という、ネガティブなニュースからスタートした。あと一歩、昇格に届かなかった2016年シーズンの結果を受け、キャプテン(得点王)と副キャプテン、さらに司令塔(アシスト王)が移籍し、2016年の“得点源”を失ってしまう。「これが負けるということなのか…」とSNSに投稿した選手がいたが、当時の鈴鹿はまさに泣きっ面に蜂の状態だった。

それでも、JFL昇格の悲願に向け、届かなかった“あと一歩”を埋めるべく、当然ながら2016年のチームよりも強いチームを作らなければならない。移籍した主力の穴を埋めるだけではなく、さらなる上積みが必要となる。2017年のチームは、2016年ほど明確な武器を持っていないものの、選手層に厚みを持たせ、誰が出ても大きく力が落ちないチームを目指した。

リーグ優勝目前での監督交代、全社との2冠達成

シーズン序盤は、大幅な選手の入れ替えがあったにもかかわらず、天皇杯予選や全社予選を突破し、リーグ戦でも首位を快走。FC刈谷との敵地での天王山では、終了間際にミスから失点して1-1のドローに終わったものの、ホーム&アウェーともに敗れている2016年と比較すれば、チームとしての成長を感じさせる一戦だった。

しかし、勝てば優勝というホームでのFC刈谷戦では、史上最多の観衆を集めながらも1-2と完敗。残す最終節で勝てばまだ自力優勝可能な状況とはいえ、またも勝負どころで勝てなかった失望は大きく、最終節を残して2年半に渡りチームを率いてきた小澤宏一監督を解任する決断に至った。

後任には、藏川洋平が選手兼監督として引継ぎ、最終戦に勝って東海リーグ優勝を飾る。続く全社では並み居る強豪を下して初優勝を果たし、2冠を達成。地域CLに向けて、いやが上にも期待が高まった。

しかし、1次リーグで優勝候補のVONDS市原FCをはじめとした強豪揃いのいわゆる“死の組”に入ると、初戦でサウルコス福井に1-2と競り負けまさかの黒星スタート。3日間で3試合を行う短期決戦の地域CLでは、初戦に勝てるかどうかが結果に大きく影響を与えるが、その初戦に敗れて暗雲が立ち込める。そして迎えた2戦目、VONDS市原FC相手に0-1で敗れ、2連敗で1試合を残して1次リーグ敗退が決まった。選手、サポーター、関係者の誰もが予想していなかった、早すぎる結末だった。

3度目の正直なるか

最終戦で松江シティFCに勝利し東海王者としての意地を見せた鈴鹿だが、決勝ラウンドに進めなかった悔しさが晴れることはない。少し早いオフシーズンを迎え、チームは新監督探し、既存戦力の慰留、新戦力の補強と、忙しない年末年始を過ごすこととなる。 鈴鹿アンリミテッドFCというチーム名に変わってから、来年で3年目を迎える。サッカー界がワールドカップ一色となる2018年、鈴鹿は3度目の正直となるJFL昇格に挑む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る