鈴鹿アンリミテッドFC 鈴鹿、勝負の2018年シーズンへ Interview 辛島啓珠監督

鈴鹿アンリミテッドFCにチーム名称が変わって3年目のシーズン。JFL(日本フットボールリーグ)昇格へ、“3度目の正直”を果たすべく、昨シーズンの主力選手が軒並み残留し、空席だった指揮官にはFC岐阜やSC相模原を率いた経歴を持つ辛島啓珠氏が就任した。

2冠達成も、JFL昇格を達成できず…

全国社会人サッカー選手権大会(以下、全社)と東海社会人サッカーリーグ1部(以下、東海リーグ)で優勝を果たしたものの、JFL昇格を決める肝心の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(以下、地域CL)で勝つことができず、夢破れた2017年シーズン。東海リーグ優勝目前での指揮官の解任、それに伴う藏川洋平の監督兼選手への就任という混乱もあった中、クラブ史上初となる2冠達成は立派な成果だが、やはり最大の目標であるJFL昇格に届かなかったことは、チームにとって昨シーズン唯一の悔やまれる結果だった。

目標を果たせずにシーズンを終えると、どんなカテゴリーであれ主力選手の流出は避けられない。短い選手生活、上のカテゴリーに挑戦できるチャンスがあるならば、移籍を選択する選手がほとんどだろう。実際、2017年シーズンが始まる前、多くの主力が新たな挑戦を選び、鈴鹿から巣立っていった。選手として上を目指そうとする彼らの意思を阻む権利はなく、中心選手を失ったチームはほぼゼロベースから新シーズンを戦うチームを構築しなければならなかった。

主力残留で上積みに大きな期待

しかし、今シーズンはキャプテンの堀河俊大、副キャプテンの藤田浩平をはじめ、多くの主力が鈴鹿への残留を表明。これで昨シーズンからチームの骨格を変えずに、新戦力を肉付けしながら2018年のシーズンを戦える。2冠を勝ち取り、最後の悔しさも共有した選手たちが残ってくれたことは、全国のライバルと争う上でも大きなアドバンテージだ。

また、2018年シーズンは監督を兼任していた藏川が選手に専念するため、空席となっていた指揮官の座に辛島啓珠氏が就任。辛島新監督はこれまで松本山雅FCやFC岐阜、佐川印刷京都、SC相模原の監督を歴任し、昨シーズンまではアルビレックス新潟レディースでなでしこの選手を指導していた。JリーグからJFL、地域リーグ、そしてなでしこリーグまで、様々なカテゴリーを経験した辛島監督は、JFL昇格という目標を掲げる鈴鹿でどのようなサッカーを実践するのか。オファーを受けた経緯や、今シーズンの意気込みについて語ってもらった。

自分のやり方に固執せず、臨機応変に対応する準備が大切

■監督就任までに至った経緯を教えてください。
監督就任の話をいただいたとき、私はまだアルビレックス新潟レディースとの契約がどうなるか分からなかったので、すぐにお返事はできなかったのですが、新潟レディースとの契約が満了になったので、就任に向けて話し合うことになりました。私は監督業が好きで、これまでずっとやってきました。地域リーグというカテゴリーに関しても、昨シーズンの昇格チームであるテゲバジャーロ宮崎の石崎(信弘)さんをはじめ、Jリーグで十分な実績を持った監督が率いており、レベルは高いと思っています。私としては監督業ができればカテゴリーへのこだわりはありません。

■J2、J3、JFL、なでしこでの監督経験をお持ちですが、それぞれの特徴や違いはありますか。
カテゴリーで、というよりはチームによって選手の構成も違いますし、スタッフも、クラブの目指す方向も変わってきます。よくある事例として、あるチームで成功した監督が、そのやり方をほかのチームでも実践するものの、上手くいかない。同じやり方が通用しないんですね。そう考えると、チームが変われば、自分のやり方も柔軟に変える必要があるなと。自分のやり方に固執していると、色々な状況に対応できないので、その場に合わせて臨機応変に対応する準備が大切です。僕自身、これまでの指導歴で上手くいったケースもあれば、失敗したケースもありました。そこに関しては、やってみないと分からない部分があり、自分自身の中で譲れない部分、マネージメントや培ってきたものは変えずに、プレー面、戦術的な部分は選手を見て変えていかなければいけません。

■監督が実践したいサッカーとは?
私個人としては、攻撃的なサッカーを実践したいですが、今回、JFL昇格というはっきりした目標があります。そのためには、やりたいことより、やらなければならないことを重視する必要があります。簡単に失点しないこと、しっかり走れること、ハードワークは求めていかないといけない。そこを土台にして、いかに点を取れるかを求めていきたい。

一番大切なのは“想い”

■鈴鹿はここ2シーズン、あと一歩のところで昇格を逃しています。昇格に足りないことは何だと思いますか?
全ての試合を把握したわけではないので、これというのは特定しにくいですが、クラブがステップアップする上で、一番大事なのは“想い”です。過去、実際にあったケースですが、調子が良かったのに、チームの方針で多くの選手が来年は残らないと表明してしまった。それでは勝てるはずがない。現場だけではなくて、色々な要因があると思います。それは選手だけではなく、クラブスタッフ、サポーターも含めて、どれだけチームが1つになっていけるか。でなければなかなか勝ち上がることはできません。去年、一昨年と悔しい想いをして、そういう想いがチームを1つにする。過去2年の悔しさが、プラスに働くかもしれません。私も以前、地域CLでの敗退を経験しています。失敗もありましたし、そもそも戦力が足りなかったチームもありました。そういう点では、うまく地域CLで結果を出せれば、みんなが幸せになれる。そこを目指してやっていきます。

■指導方針として、選手との距離感はどのように取っていますか?
私はずっと、自分で経験してきたことをメインに指導しています。監督の下について、コーチをした経験が少ないので、誰かを見て、影響を受けたとかはありません。常に自分で考えてやってきました。大事にしてきたことは、自分らしさを出していくこと。監督はこうすべき、という固定概念に囚われず、自分がやりたければやるし、やりたくないことはやらない。ずっとそうやってきました。選手との距離は一線を引きますが、できるだけオープンに接しているつもりです。監督だからこうしちゃいけないとかではなく、できるだけ自分という人間をさらけ出して接していきたい。格好をつけたくないですね。そういう関係の中で、選手と監督ですので、選手は試合に出して欲しいし、使ってくれる監督が良い監督ということを頭に入れつつ、上手く選手と接していきたいですね。

■今シーズンの意気込みをお願いします。
クラブの目標がはっきりしていますので、そこに向かって、良い状態に持っていくことが大事です。1年間ずっと良い状態というのは難しく、波があるとは思いますが、鈴鹿に関わっているすべての人の力で、最終的に目標達成したいと思っています。鈴鹿のサポーターは非常に熱く、応援が本当に選手たちの力になっていると聞いています。最後に良い結果で終われるように、ともに頑張っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る