SPARTAN RACE IN CHIBA REPORT

水中に潜り、炎を飛び越える!
さらに過酷になった世界最高峰障害物レース!!

世界39か国で165以上のレースが開催され、世界参加者数100万人以上、年間観客数30万人以上と世界をリードする障害物レース「SPARTAN RACE(スパルタンレース)」。2018年の国内1回目となる大会が5月19日(土)、千葉県袖ヶ浦市の東京ドイツ村にて開催された。

「スパルタンレース」は、ランニングコース内に「ファンクショナルムーブメント」をベースにした動きや身体能力を高めるタフフィットネス要素を取り入れた障害物が配された「オブスタクル(障害物)レース」。今回の東京ドイツ村では全長7kmのコースに22個の障害物が配されているスパルタンレース初挑戦者向けのSPRINTに加え、12歳以下のお子様も参加が可能なKIDSレースが開催された。

時おり雨がぱらつき、強風が吹き荒れるレース当日、約4,000名の出場者がレース会場に集結。タイムによる順位を争う「SPRINTエリート」、本レースから新設された年齢グループごとに競う「SPRINTエイジグループ」、そして一般の参加者が数多く挑戦した「SPRINTオープン」が時間差でスタートした。

スパルタンレースの特長といえば、コース上に設置された多種多彩な障害物だ。スタート直後に待ち受ける壁を乗り越え、水の中に設置されている壁を潜ってくぐる「Dunk Wa(ll ダンクウォール)」、張り巡らされた有刺鉄線の下を匍匐前進で進む「Barbed Wire Craw(l バーブワイヤークロール)」、砂の入ったバケツを担いで運ぶ「Bucket Brigade(バケットブリゲード)」、手だけを使い壁を横断しベルを鳴らす「Olympus(オリンパス)」の他、今回日本初となる「Rolling Mud(ローリングマッド)」など数々の難関を乗り越え、ゴールを目指す。

障害物の難易度は様々で、男女で(錘の重さなど)異なる障害物もある。障害物のクリアに失敗、もしくは障害物を避けたい場合には、代わりにバーピージャンプ30回が課せられる。これはこれで回数をこなしていくとどんどん体力を消耗していくので、タイムを競っていなくともなるべくミスのないように障害物をクリアしていきたい。

オープンの参加者を見てみると、エリートに出場してもおかしくないような筋肉隆々の男性からか細い女性まで、まさに老若男女様々。個人で参加されている方は、同じく個人で参加されている方と共に障害物を乗り越えてハイタッチをしたり、チームで参加されている方は仲間が障害物をクリアするまで声援を送ったり、それぞれに楽しみ方がある。長距離を走るマラソンとは、同じ自分自身への挑戦ではあるが、目の前の障害物を一つ一つ乗り越えていく楽しさ、達成感は、スパルタンレースの醍醐味といえるだろう。

また、12歳以下のお子様が参加できるKIDSレースも盛況だった。親御さんが一緒にコースを回ってサポートできるため、近くでお子さんの勇姿を撮影しながら見守ったり、手助けしながら一緒になって障害物を乗り越えたり、学校の運動会よりも親子のコミュニケーションが図れているようだ。

レース以外では、参加者がより快適にスパルタンレースを楽しめるよう、専用駐車場・クローク・更衣室やバーベキューセットがついたVIPプランを用意。新しいレース体験の場が提供された。レースに参加する人も、参加はしないが会場に来る人も、それぞれがより快適に過ごすことのできる空間がそこにはあった。多岐にわたるロケーションで参加者にさらに満足していただけるよう、スパルタンレースは今後も追求していく。

なお、2018年2回目のレースは9月8日(土)、水上宝台樹スキー場(群馬県利根郡みなかみ町)での開催が決定している。日本初となるスキー場開催でさらに過酷なレースになること間違いなし!まだスパルタンレースを体験したことのない方は、この機会にぜひ、エントリーしてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る