YAMAHA FACTORY RACING TEAM 特別カラーのYZF-R1で鈴鹿8耐4連覇へ!

6月16日、ヤマハ発動機は宮城県・スポーツランドSUGOで「2018 YAMAHA 鈴鹿8耐 参戦発表会」を開催。7月26日から29日にかけて鈴鹿サーキットで行われる『コカ・コーラ 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会』に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」、「GMT94 Yamaha Official EWC Team」、「YART Yamaha Official EWC Team」の体制、および「YZF-R1」の発売20周年を記念した赤と白の特別カラーを採用した「YZF-R1」を初公開した。

3連覇中のYAMAHA FACTORY RACING TEAMからは、その3連覇を牽引した中須賀克行、アレックス・ローズ、マイケル・ファン・デル・マークの3人が昨年に続いて出場。その中で唯一、3連覇すべてを経験している中須賀は「YZF-R1の20周年という節目の年に、YAMAHA FACTORY RACING TEAMで4連覇に挑戦できることをとてもうれしく思います」と喜びを語ると、「今年のライバルも強力なラインナップになりますが、僕自身は全日本で、アレックス選手とマイケル選手はスーパーバイクでR1とともに好調を維持しており、その3人が再集結するということで、昨年以上に強力なチームになると自負しています。ファンの皆さんの期待に応えられるよう頑張りますので、今年も応援よろしくお願いします」と抱負を述べた。

FIM世界耐久選手権(EWC)の2017-2018シリーズで現在ランキング2位のGMT94からは、デビット・チェカ、マイク・ディ・メリオ、ニッコロ・カネパの3人がシリーズ連覇をかけて臨む。また、ランキング13位につけるYARTは、ブロック・パークス、マービン・フリッツ、そして藤田拓哉、マックス・ノイキルヒナーの4人を招集し、事前テストの結果やコンビネーションなどを考慮し最適な布陣で本番に臨むこととなる。

マシンは、1998年に発売した「YZF-R1」の20周年を記念して、3チームとも赤・白のカラーリングをベースに、初代モデルの「YZF」「R1」ロゴ、「20周年記念」ロゴなどを配した特別カラーの「YZF-R1」を使用。発表会にて多くの報道陣とファンの目の前でアンベールされた特別カラーのR1について、YAMAHA FACTORY RACING TEAMを率いる吉川和多留監督は「ファンにとってヤマハの印象はブルーが強いと思いますが、私が現役の頃はヤマハといえば、この赤白のカラーリングがベースであり、私自身も“いつかあのカラーに乗るぞ”という憧れを持っていました。私自身はチーム監督という立場になりますが、20周年カラーをまとったR1が今年も最初にチェッカーを受けられるよう、ライダーと一丸となって頑張ります」と語り、“想い出のカラー”であることを明かした。

また、同席した中須賀は「この発表会に出席し、非常に身の引き締まる思いです。また、これまで僕は数々の節目に携わってきて、それぞれでよい結果を残してきました。今回もまた4連覇という形で、R1の20周年という記念すべき年に華を添えたいと思います。ここまで3連覇中ですが、気持ちはチャレンジャー。チーム一丸となり、このカラーリングでてっぺんを目指します」と改めて意気込みを語った。
◇ヤマハ発動機 鈴鹿8時間耐久レース特設サイト
https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/2018/
◇YZF-R1 20周年記念特設サイト
https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/2018/yzf-r1_20th/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る