鈴鹿アンリミテッドFC Interview 堀河俊大

いよいよ鈴鹿アンリミテッドFCの2018年シーズンがスタートした。東海社会人サッカーリーグ1部の開幕戦を白星で飾り、リーグ連覇へ向けて好発進した鈴鹿の主将を務める堀河俊大に、チームに残留した経緯や今シーズンへの意気込みを聞いた。

このままじゃ終われない

■主将として臨んだ昨シーズン。2冠を達成しましたが、JFL昇格は叶いませんでした。振り返っていかがですか。
東海リーグも全社も優勝できましたが、一番の目標であるJFL昇格を果たすことができませんでした。どれだけ他で結果を出しても、昇格できなければ意味がないと思っていましたので、とても悔しいシーズンでした。

■昇格するため、何が足りなかったのか。
ここぞという時の勝負強さでしょうか。それから、地域CL(全国地域サッカーチャンピオンズリーグ)では初戦を落としてまったのが大きかったと思います。翌日には試合がある中で、敗戦から気持ちを切り替えるのも難しい部分がありました。また、監督兼任だったクラ(藏川洋平)さんも、試合に出ながらの指揮は難しかったと思います。

■多くの主力が残りました。残留の決め手は?
このままじゃ終われないという気持ちは強かったですね。何より、このチームで(JFLに)上がりたい。それが残留の決め手です。

■新戦力の中には、心強い復帰組もいます。今シーズンのチームに自信は?
ノグ(野口遼太)さん、司さん(小澤)は経験があるし、間違いなくチームにとってプラスになると思います。去年のメンバーも残ってくれて、お互いがやりたいことも分かるし、新しい選手も徐々にコンビネーションができていると思います。

■新監督の印象を教えてください。
監督が変われば指導も変わります。辛島監督は特に守備の部分で色々な決まりごとがあるので、今は監督の言うことを聞いて、去年の良かった部分を残しつつ、新しくするところは新しく。シーズン最後の地域CLが一番大事ですので、みんなで同じ方向に向かって、徐々に形にしていきたいと考えています。

■今シーズンのチームの特徴は?
まず守備から入り、絶対に失点をしないこと。そして先制点を取り、主導権を握っていくサッカーです。守備がベースにあることは間違いありません。

■「あとは野となれ山となれ」のスローガンについて、どう思いましたか。
いいんじゃないですか、鈴鹿らしくて(笑)。

■リーグ連覇に向けて大事なことは?
また、昨年勝てなかったFC刈谷については?リーグ戦では1試合1試合の積み重ねが大事になってくるので、目の前の試合に勝てるように、チーム一丸となって勝利を目指して戦っていきます。FC刈谷は力のあるチームですし、そこに勝てていないのは悔しいです。もちろん、ライバルはFC刈谷だけではないですが、リーグ優勝するためには勝たなければいけない相手だと思っていますので、今年はしっかり勝ちたいと思います。

■現在のチーム状態は?
この間の三重県選手権だったり、公式戦をこなしていますし、良い形で勝てています。トレーニングマッチでもフィーリングは良いので、自信にもつながりますし、良い方向に向かっていると思います。

■最後に、今シーズンへの意気込みをお願いします。
去年、一昨年と2年連続で悔しい想いをしています。「今年こそは」とみんな強い気持ちを持っていますので、JFL昇格に向けて1年間、目標へ1日1日、1試合1試合を頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします。

プロフィール

堀河 俊大 Toshihiro Horikawa
1989年5月28日生まれ 香川県出身
身長/体重:169cm/64kg
Pos:ミッドフィルダー
前所属:カマタマーレ讃岐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る