鈴鹿アンリミテッドFC Interview 野口遼太

2018年シーズンの東海社会人サッカーリーグ1部において、前半戦を首位ターンした鈴鹿アンリミテッドFC。連覇、そしてJFL昇格という大目標に向かって順調に歩みを進める鈴鹿に2年ぶりとなる“復帰”を果たし、再び鈴鹿にとって欠かせない存在となっている野口に、復帰の理由や今シーズンへの意気込みを聞いた。

鈴鹿のメンバーとまた一緒にサッカーがしたい

■「おかえりなさい」と言うべきでしょうか。復帰を決断した理由を教えてください。
鈴鹿に所属していたとき、すごく充実していました。よく知ったメンバーもいますし、彼らとまた一緒にサッカーがしたいなと思いました。また、最後に悔しい負け方をしているので、もう一回、鈴鹿で雪辱を果たしたいという気持ちもありました。

■ヴィアティン三重とJFLでのプレー経験はいかがでしたか。
元々、JFLではやっていたので、久々な感じでしたが、地域リーグとそこまでレベルは変わりません。もちろん、上位チームとの差はありますので、そうした強豪と対戦した経験を、鈴鹿で活かせればと思っています。

■移籍した後も、鈴鹿のことは気にかけていましたか。
そうですね。同じ三重県にいましたし、(前監督の)小澤さんが解任されたときは驚きました。鈴鹿に連れてきてもらった監督ですし、衝撃的でしたね。また、去年の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(以下、地域CL)でも、惜しくも負けてしまって、僕も悔しかったです。今年は、一緒に目指したいと思います。

■この1年、鈴鹿は選手も監督も変わりました。どんな印象がありますか。
チームとしても、選手一人ひとりとしても、意識の部分が変わっているように感じます。以前は、少しサークル活動的な空気がありましたが、今年は辛島啓珠監督が入って、厳しさも出てきて、チームとして良い方向に向かっていると思います。あとは攻撃の部分の物足りなさを改善できれば良いですね。

■辛島監督の印象を教えてください。
元々DFだったので、守備に関する要求や決め事が多いですが、それを守ることで失点も少ないですし、結果が出ています。決め事がしっかりしていて、「このプレーはダメ」というのをはっきり言ってくれます。藤枝市役所サッカー部との試合(7月22日)でクロスから点を取られた場面があったのですが、辛島監督はクロスから失点するのが一番嫌いらしく、その後ミーティングでクロスの確認を重点的にやりました。ダメなプレーにはダメと言ってくれるので、選手としては分かりやすいです。

■攻撃面での物足りなさはどう解決していくべきでしょうか。
後ろからのパスの精度も上げていかなければならないですし、今はゴール前まではボールを運べているのに、そこから先の精度が低かったりアイディアに欠け、強引に行って奪われる場面が多い。ゴール前で冷静になれず、余裕がない状態で、ボールしか見ていない、ゴールしか見ていないという部分に、もう少しゆとりがあれば。怪我で離脱していますが、(小澤)司なら、そういった部分を解消できる力がありますし、今いる選手でもそこには取り組んでいかなければならないと思います。

■最後に、今シーズンへの意気込みをお願いします。
今シーズンも結果がすべてだと思っていますので、JFL昇格という目標を達成できるように、まずはしっかり東海リーグで優勝して、地域CLに勝って昇格を決めたいと思います。そのために、サポーターの皆さんには、変わらぬ熱い声援を期待しておりますので、引き続き宜しくお願いします。

プロフィール

野口 遼太 Ryota Noguchi
1986年6月24日生まれ 香川県出身
身長/体重:181cm/72kg
Pos:DF(ディフェンダー)
前所属:ヴィアティン三重

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る