FC鈴鹿ランポーレ 北野純也 インタビュー

700_visual用

昨シーズン、FC刈谷から加入し、FC鈴鹿ランポーレの新エースとして東海リーグ得点王に輝き、チームを優勝に導いた北野純也。
JFL昇格を本気で目指す今シーズンも、鈴鹿の行く末はエースナンバー「10」の右足に懸かっている。(取材日:4月14日)

チーム一丸となって、泥臭く闘う

■昨シーズンの優勝を振り返ってください。
「シーズンを通してチームとして成長し、一戦必勝を合言葉に一戦一戦戦い抜き、優勝という結果に繋がりました。しかし、JFL昇格は果たせず、悔しい思いをしました。今年こそJFLに昇格です!」

■印象に残っている試合はありますか?「どの試合も印象に残っていますが、特に印象深かった試合は、リーグ優勝を決めたアウェーのFC刈谷戦と地域決勝大会のクラブドラゴンズ(現:流経大ドラゴンズ龍ヶ崎)戦ですね。古巣でもあるFC刈谷戦は後半の残り10分ぐらいから逆転して勝ちました。チームとしての成長を感じたし、自身も2ゴールしたのでよく覚えています。クラブドラゴンズ戦は、負けてJFL昇格を果たせなくてすごく悔しくて忘れられません」

■印象に残っているゴールはありますか?「昨シーズンは色々な形のゴールがありした。その中でも優勝を決めたFC刈谷戦の2ゴールと昨シーズン一緒に戦った高校からの同級生の徳地選手との崩しで決めた名古屋クラブ戦のゴールが印象深いですね」

■得点王を取れた要因は何だと思いますか?「ゴールにチャレンジし続けた結果だと思います。どんな状況でもゴールに向かい続け、味方のサポートもあったからこそたくさんのゴールを決めることができました」

■プレシーズンを振り返ってみてください。「チームも選手も新体制になり、まだまだ未熟です。三重県選手権も準決勝で敗退し、全国社会人サッカー大会と天皇杯の出場権を失くしました。JFL昇格にはリーグ優勝しかないので、リーグ優勝のために開幕までの時間を大切にしてチームも個人も成長し、チーム一丸で戦う準備をしていきます」

■今シーズンはマークも厳しくなることが予想されますが、開幕に向けて特別な準備はしていますか?
「ゴールを決めることが仕事なのは変わらないので、今年もゴールにチャレンジし続けます。ゴールに向かう回数を増やす努力をしています」

■昨シーズンと今シーズンのチームの違いを教えてください。「チーム一丸で戦うことは同じですが、新たにJリーグ経験者が加入して、彼らの存在が刺激となってみんなが新たなことにチャレンジし、泥臭く勝ちにいきます。昨シーズンとの違いを、試合を観て感じて欲しいです」

■ランポーレというチームの特徴を教えてください。「チーム一丸となって、泥臭く闘うチームです」

■サッカー選手を目指したキッカケを教えてください。「親父がサッカーをしていた影響で自然とサッカーを始め、さらにJリーグが始まったことでサッカー選手を強く目指すようになりました」

■自身の得意なプレー、持ち味を教えてください。「ゴールに向かうプレーですね。強引にでもゴールに向かっていく姿勢を観て欲しいです」

■試合中、試合前などに常に心がけていることはありますか?「試合に向けてモチベーションを高めていくこととリラックスすることを心がけています」

■Jリーグや海外サッカーなどは見ますか?「観ます。観て勉強しています。特にFCバルセロナが好きで、観ているとワクワクします。選手ではサンチェス(アーセナル)、スアレス(バルセロナ)、テベス(ユベントス)が好きです。やっぱり観るのはアタッカーですね!」

■今シーズンの目標をお願いします。「JFL昇格です。それと自身の得点王ですね」

■昨年のHondaFCとの共催を振り返ってください。「JFLの後に試合があるってことで雰囲気も良くて、すごくモチベーションが高かったです。JFLでやりたいって思いました」

■HondaFCについての印象を教えてください。「自分たちのスタイルを貫いて、ボールを大切にし、勝ち続ける。柔よく剛を制すみたいな、うまくて強いイメージです」

■5月10日の開幕戦への意気込みをお願いします。「リーグ戦の初戦はすごく大切です。この一戦に勝利することにだけに集中し、全力で泥臭く闘い、勝ちにいきます。チームに勢いをつける勝利にしたいので、たくさんの応援を宜しくお願いします!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月 29日
  2. 2016年 12月 29日
  3. 2017年 1月 05日
  4. 2017年 1月 06日
    トラックバック:venuspoor.com
コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る