鈴鹿アンリミテッドFC Interview エフライン・リンタロウ

2018年シーズンの東海社会人サッカーリーグ1部を連覇し、いよいよ全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)を迎える鈴鹿アンリミテッドFC。JFL昇格に向けた大事な局面を迎える鈴鹿において、エースとしてチームを牽引するエフライン・リンタロウに、残留を決意した経緯やJFL昇格への意気込みを聞いた。

技術よりも気持ちが大事

■鈴鹿に残留した理由を教えてください。
鈴鹿をJFLに上げたい気持ちが強かったためです。1年目はそれができなかったので、社長とも話をして、来年はもっと良いチームを作ろうと話しました。僕がまだヴィアティン(三重)にいた頃から、鈴鹿のJFLに上がりたい気持ちは知っていましたし、ヴィアティン時代はそれを潰してやろうとみんなで意気込んでいました。今は鈴鹿に移籍して、ヴィアティンに先に上がられてしまった悔しさ、サポーターの気持ちも分かっています。その気持ちが分かるので、去年も今年も、天皇杯予選でヴィアティンと対戦した時に自分がものすごい力を発揮できました。今年こそ昇格するために、チームに残ることを決意しました。

■昇格するために、去年は何が足りなかった?
去年は監督が解任されて、クラさん(藏川洋平)が監督兼選手として戦いましたが、難しかったですね。外から試合を観るのと、中でプレーしているのとでは見え方が違いますし、指示も出しづらかったと思います。強敵ばかりのグループでも、良いチームだったのでチャンスはありましたが、残念です。今年は新しい監督が入って、非常にコンパクトにして戦えていると思います。

■辛島監督の印象を教えてください。
良い監督だと思いますし、チームにとってプラスになっています。センターバックだったので、守備重視のサッカーですが、僕はフォワードとしてゴールを決めないといけない。守備であまり力を出しすぎないようにというのは、監督とも話をしています。もちろん、チームのために守備もしないといけないですが、攻撃で勝負する場面もあるので、そこにパワーを残しておかないといけないので、バランスが難しいです。

■リーグは連覇しましたが、全社は2回戦で敗退しました。チームの雰囲気はいかがですか?
去年とあまり変わらないですね。僕はそれを良いことだとは思っていなくて、もっと一つになってほしい。ここからの戦いは、気持ちも大事になってきます。去年も少しだけ気持ちが足りなかったと思います。今年も、FC刈谷、おこしやす京都といった強いところと当たった時に、もっと気持ちを出さないといけなかった。気持ちを前面に出すプレーはサポーターも喜びますし、ここからは技術よりも気持ちが大事だと思っていますので、みんなで一つになる必要があります。

■ラインメール青森時代にJFL昇格を経験しています。その経験をチームにどう伝えますか。
僕は普段、あまりリーダーシップをとる性格ではないのですが、試合に入れば、そういう声は出しています。経験上、やはり1点の重みが大きいので、球際とか1つひとつのプレーで負けない気持ちがすごく大事になってきます。1試合、1試合を全力で走りきって、鈴鹿のために頑張りたいと思います。

■地域CLの出場チームで警戒している、気になるチームはありますか。
リーグで負けているFC刈谷、関東を制した栃木ウーヴァFCもいますし、全社で負けたおこしやす京都も強かったです。僕は、このチームはどこが相手でも勝てる力があると思っています。しかし力を出し切らないと地域CLでは勝てません。全力を出し切る必要があります。簡単な試合はないので、これからの練習で頭も身体も準備して、臨みたいと思います。

■最後に、JFL昇格への意気込みをお願いします。
去年、悔しい思いをしましたし、僕はいなかったですがこのチームは2年前にもっと悔しい思いをしています。今年は上がれるチャンスだと思うので、ベストを尽くしてJFLに行きたいと思います。JFL昇格は自分たち次第だと思っていますので、頑張れば絶対に結果に繋がると思いますし、みんなも応援よろしくお願いします。

プロフィール

エフライン・リンタロウ
Efrain Rintaro
1991年7月23日生まれ ブラジル出身
身長/体重:187cm/78kg
Pos:フォワード
前所属:ラインメール青森

鈴鹿アンリミテッドFC

公式サイト:http://suzuka-un.co.jp
公式Twitter:@SuzukaUnlimited

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る