鈴鹿アンリミテッドFC Interview JFL史上初の女性監督が語る日本での挑戦と女性指導者への想い

JFL(日本フットボールリーグ)昇格を果たした鈴鹿アンリミテッドFC。新たなカテゴリーに挑む鈴鹿は、新監督にスペイン人の女性、ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏(以下ミラ監督)を招聘し、日本のサッカー史に一石を投じた。JFL史上初の女性指揮官となったミラ監督に、日本の印象や今シーズンの意気込みを語ってもらった。

スペイン人のプレースタイルに近い

■日本について思っていた印象と、来日してから感じたギャップはありましたか?
来日する前から、日本人は他人を敬う心、教養を持っていて、規律があり仕事に対して真摯であると聞いていました。そして空港に着いたその瞬間から、迎えてくれたサポーター、鈴鹿の街の人々、そしてクラブのスタッフたちがしてくれたことはとても大きなことで、聞いていた以上でした。
■日本のサッカーについてどんな印象がありますか?
来日する前は、ダイレクトで縦に速いという漠然としたイメージでしたが、実際に目の当たりにして、よりテクニカルで戦術的なことに驚きました。それは鈴鹿アンリミテッドFCの選手たちを見てもそうでしたし、先日行われていたゼロックス・スーパーカップを観てよりそう感じました。日々の練習でも感じていますが、スペイン人のプレースタイルに近いと思います。
■日本人はスペインのサッカーに対して美しいと感じており、憧れを抱いています。鈴鹿でどのようなサッカーを実践しますか?
スペインサッカーの戦術的に洗礼されている部分を与えて、日本人のスピード感や俊敏性、規律を重んじて組織力を生かしたサッカーを目指したいです。
■日本人で知っているサッカー選手は誰ですか?
乾貴士、柴崎岳はスペインでも活躍しているので知っています。あとはスペインではなかったですが、本田圭佑、香川真司の活躍はスペインにも情報が入ってきていましたよ。
■三重県鈴鹿市についてはいかがですか?鈴鹿サーキットは知っていましたか?
鈴鹿サーキットは知っていました。スペインではバイクやF1といったモータースポーツのファンが多く、私の周りにもたくさんいたので、世界的にも有名なサーキットとしてよく話題に上がりました。

この挑戦に誇りを持っている

■ご自身がサッカーを始めたキッカケは?
幼い頃から周りの友達がサッカーをやっている環境でしたので、物心ついたときから自然とサッカーをプレーしていました。ですので、キッカケや理由は特にないですね。
■指導者を目指したキッカケは?
とにかくサッカーが好きで、選手だったときから「この練習は何のためにやっているのか」ということにすごく興味を持っていました。そんなことを考えていたら、自然と監督を目指すようになっていましたね。選手としては25 ~ 26歳くらいで現役生活を終え、そこから監督になるための勉強を始めました。UEFAのコーチライセンスを取得するために、朝8時から夜7時くらいまで講習や実践練習を繰り返して、とても大変でした。ライセンスを取得するまで、トータルすると4年くらいかかりましたね。
■日本では史上初の女性監督として大きな注目を集めています。
そのことについてプレッシャーを感じる部分もありますが、先ほども言ったように来日した瞬間から、空港や記者会見場で周囲の温かいサポートを感じました。私はこの挑戦に対して誇りを持っていますし、たくさんの方々のサポートを感じながら取り組めています。
■先日行われたスペイン大使館のパーティでは、日本にいるスペイン人監督とどんな話をされましたか?
とても素晴らしい経験ができました。来日して1カ月が経ちますが、スペインの仲間と話す機会がありませんでした。大使館という場で母国の選手や監督たちと会って、とても良いエネルギーを吸収できましたので、それを糧にもっと頑張ろうと思いました。

ずっとチャンスを待ち続けていた

■JFLはアマチュアリーグですが、近年プロを目指すクラブが増えたことでレベルが上がってきています。降格もある厳しいリーグですが、どのように戦っていきますか?
高いレベルで戦うのは承知していますが、自分たちの選手たちのクオリティー、能力に自信を持っています。上位に食い込めるような戦いができると確信していますよ。
■ミラ監督の存在が、日本の女性指導者に勇気を与えています。彼女たちにメッセージをお願いします。
自分もあなたたち(女性指導者)と同じように、こういったチャンスをずっと待ち続けていました。本当に勉強や実践で大変な時期も過ごしたましたが、そうやって努力して願い続けてきたからこそ、こういったチャンスをいただけたと思っています。今、そういうことを志している日本の女性指導者も、諦めないで夢を追い続けて、今ある仕事が大変でも頑張って続けてほしいと思っています。

ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス Milagros Martinez Dominguez
1985年4月23日生まれ スペイン出身 UEFAプロライセンス所持(日本のS級に相当)
[指導歴]
2007 ~ 2009 アルバセテ・バロンピエ U6 ~ U12男子コーチ
2011 ~ 2014 アルバセテ・バロンピエ U18女子コーチ
2013 ~ 2017 アルバセテ・バロンピエ 女子チーム監督兼GM
2017 ~ 2018 アルバセテ・バロンピエ コーディネーター&スポーツディレクター
2018 ~ 2019 アトレティコ・トメロッソ 女子チーム監督
2019 ~ 鈴鹿アンリミテッドFC

いよいよ鈴鹿がJFLデビュー!ホーム開幕戦はテゲバジャーロ宮崎と

3月17日(日)、2019年のJFLが開幕する。昇格組の鈴鹿アンリミテッドFCは、MIOびわこ滋賀とのアウェーゲームでJFLデビューを果たす。そして24日(日)には、テゲバジャーロ宮崎を迎えてのホーム開幕戦が待っている。AGF鈴鹿陸上競技場で行われる初の有料試合を、心待ちにしているサポーターは多い。JFL史上初の女性指揮官であるミラ監督とともに、いよいよ鈴鹿がJFLの舞台に挑む。
●鈴鹿アンリミテッドFC試合日程(公式サイト内)
https://suzuka-un.co.jp/schedule/

HP  http://suzuka-un.co.jp
Twitter @SuzukaUnlimited

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る