スポーツと英語で元気を習う e-kids

maingazou-

教室のドアを開けた瞬間に、大きな声で“How are you?” “I’m fine.”で授業が始まるe-kids。難しい英語を頭で覚えるよりも、あいさつや返事などの受け答えを英語にすることで、自然と英会話に親しんでいけ るのだ。授業に取り入れる主なスポーツとしては、e-kids代表兼講師を務める窪田豊彦さんが、アメリカの大学で経験したアメフトとルールの近いフラッ グフットボール。そしてプロとして活躍したキックボクシングの2つがメインとなっており、窪田さんが海外でスポーツしながら、英会話を覚えた経験を基にし た授業を行っている。

またほかの英会話教室と違うところは、スポーツにとても大切なメンタルを指導すること。大きな声であいさつをしたり、人の話をちゃんと聞くといった基本な 姿勢も厳しく指導している。今では子どもに厳しくする教室は減っているが、ここe-kidsは子どもに厳しくしつけも指導するのが最大の特徴だ。保護者た ちは「あいさつができるようになった」「先生は厳しいけど、泣かなくなった」と、その成長を楽しそうに話す。さらに平日にある通常クラスとは別に、フラッ グフットボールは大会に出場するなど、競技スポーツへの参加に力を入れていることで、通常のスポーツ教室の要素もしっかり学ぶことができる。スポーツを通 して英会話を学び、そして子どものメンタルも鍛えられるのがe-kidsなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る