令和の序幕、R1 ~ヤマハ、鈴鹿8耐5連覇へ~

7月25日から28日にかけて、三重県・鈴鹿サーキットで開催される『“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会』に、大会5連覇を目指すファクトリー体制の「#21 YAMAHA FACTORY RACINGTEAM」と、2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)にレギュラー参戦する「#7 YART Yamaha OfficialEWC Team」が出場する。

昨年、20周年記念の特別カラーで臨んだファクトリーチームの「YZF-R1」は今年、発売から21周年を迎えたことに合わせ、当社のエースゼッケン「21」のオリジンであり、1985年の鈴鹿8耐に参戦した「ヤマハTECH21チーム※」の復刻カラーでの出場を発表した。

「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、2017年以来3大会連続となる中須賀克行、アレックス・ローズ、マイケル・ファン・デル・マークの3人が出場し、鈴鹿8耐5連覇を目指す。率いるのは、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留監督だ。

EWCのレギュラーチームで第3戦を終えランキング4位につける「#7 YART Yamaha OfficialEWC Team」からは、ブロック・パークス、マービン・フリッツ、ニッコロ・カネパの3人が出場する。

※資生堂が販売していた男性化粧品ブランド「SHISEIDOTECH21」が再び販売されるわけではありません。

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

中須賀克行

今年はYZF-R1にとってヤマハのエースゼッケンと同じ21周年ということで、ヤマハTECH21チームのカラーが採用されましたが、鈴鹿8耐を象徴するカラーでの参戦となり、非常に身の引き締まる思いです。ヤマハ TECH21チームが活躍した1985-1990年は私も幼く、当時をよく知らない世代ですが、日本のレース史で最も熱い時代であったことは知っています。5連覇はもちろん、レース界に携わる一人のライダーとして、ライバルと一緒に当時の熱狂を取り戻せるようなレースを目指し全力を尽くします。ぜひ鈴鹿でお会いしましょう」

アレックス・ローズ

「今年もヤマハで鈴鹿8耐に出場できることをとても光栄に思います。ここ数年同じメンバーで出場しているのでお互いよく理解しており、気の合う最高のチームで5連勝を目指してがんばります。また、新しいTECH21カラーにもワクワクしています。実物を見るのが本当に楽しみだし、今から本番が待ちきれません」

マイケル・ファン・デル・マーク

「今年も再び鈴鹿8耐に参戦できることをとてもうれしく思いますし、中須賀選手、ローズ選手とともにYAMAHA FACTORYRACING TEAMの一員になれたことを誇りに思います。僕たちの目標はもちろん5連覇です。とても厳しい戦いになると思いますが、楽しみでもありますし、ここ数年の特別な思い出とともに全力でがんばります。また今年は、TECH21スペシャルカラーのYZF-R1に乗ることができるので、本当に特別なウィークになると思います。8耐で日本のファンの皆さんに会えることを楽しみにしています」

TECH21カラー復活!

1985年の「ヤマハTECH21チーム」の復刻カラーを纏った「YZF-R1」は、5月22日の「2019鈴鹿8耐 参戦体制発表会」にて世界初公開された。スローガンである「令和の序幕、R1」のもと、大会5連覇という目標を掲げ、鈴鹿8耐に向けてスタートを切った。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が復活した2015年から3大会はヤマハレーシングブルーを基調とし、昨年は発売20周年を記念した赤と白の特別カラーだったファクトリーマシン。今回は1985年の「ヤマハTECH21チーム」の復刻カラーを採用し、「80年代後半に青春を過ごした方々に、再びサーキットへ足を運んでもらうために企画した」とMS統括部MS戦略部部長の堀越慶太郎が説明した。

また大会に向けMS統括部統括部長の辻幸一が「今年はライバルとの競争がさらに激化することは明らか」「従来の219周からさらに1段高いレベルの220周を目指す」と語れば、中須賀選手も「これまで以上に8耐を盛り上げ、また#21に恥じないレースをして、5連覇を目指す」と力強く宣言した。


TECH21の詳しい情報は特設サイトから
https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/2019/yamaha-tech21/

“コカ·コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース

公式サイト:https://www.suzukacircuit.jp/8tai/

BS日テレ、日テレジータス、huluにて放送予定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る