音質と軽量化を追求した骨伝導ヘッドホン「Aftershokz Aeropex」

AEROPEX

WIRELESS BONE CONDUCTION HEADPHONES

2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生した骨伝導ヘッドホン『AfterShokz(アフターショックス)』が、ついに第6世代へ。極限まで音質と軽量化を追求し、卓越したオーディオ品質、性能は世代を超えるごとに大きく前進。最高のスポーツヘッドホンとユーザーエクスペリエンスを求めて、新しい機種をリリースするたびにユーザからの評価は高まり続けている。


(撮影協力)スポーツクラブNAS 溝の口
(撮影モデル)加藤麻衣(2019 スポーツクラブNAS イメージモデル)小室賢(スポーツインストラクター)
(撮影)二宮渉

耳を塞がないデザイン
周囲の音も聞こえる

私たちが「音」として聴いているのは「空気の振動で伝わる気導音」と「骨を通して伝わる骨導音」の2種類があるが、最終的に振動を音としてとらえるのは、内耳にある聴覚神経。Aeropexは「骨を通して伝わる骨導音」を利用しているため、耳を塞がない。そのため、自動車が近づく音や駅のアナウンスを聞き逃すこともなく、ジョギングや散歩、通勤中でも安心して利用することができる。
AfterShokzは、300を超える世界の特許技術を採用することで高度な骨伝導ヘッドホンを実現。これまで常識とされていた「耳にイヤープラグを入れて音楽を聴く」というオーディオ体験の方法を「骨で聴く」に変えることにより、耳で音楽を聴きながら、同時に環境音を聞き取ることを可能にしている。

振動は小さく
低音再生は強化

また、Aeropexの振動は顔に対して30度の傾きになるように設計されているため、従来機種以上に深みのある低音の再生を可能としながら、振動を小さく抑えている。これまでの骨伝導ヘッドホンでは装着部分の皮膚の振動が気になる…という方にこそ、このAeropexは試していただきたいヘッドホンだ。

音漏れしない
Airと比較し50%カット

中音域から高音域周波数の再生クオリティを向上。これにより、人間の声が従来機種以上に聞きとりやすく、より純粋な声や音を骨伝導で聞くことができる。さらに、新しい音漏れ防止構造により、従来機種と比較して音漏れを50%減少することに成功。従来の機種にあった音漏れ防止用の穴が不要となり、ヘッドホンの防塵・防水性能IP67の実現にも繋がった。

形は小さく 音は大きく さらに軽く
Airと比較し13%軽量化

より小さく、極限まで「軽さ」を追求し、従来機種よりも30%小さく、13%軽量化を実現。また従来機種に採用されていた独自技術「Premium Pitch+」をさらに強化させた「Premium Pitch 2+」を搭載しており、小型でありながら音質はさらに向上している。

IP67
完全防水・防塵機能性能

防水機能に関しては、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しており、規格上、水深1mの水中に30分の水没にも耐えることができる。そのため、激しい雨のなかや汗をかいて使用したとしても、まったく問題がない。

マグネット式充電
水漏れ警告機能搭載

Aeropexの充電ポートはマグネット式のため、ケーブルを近づけるだけで自然にポートと接合。もしも、雨や汗などでポート部分が濡れている場合は、警告音が鳴って充電異常を知らせるため、事故を防ぐことができる。

8時間の長持ちバッテリー
待機時間240時間

従来機種 AfterShokz Airは、世界最軽量クラスのヘッドバンド型でありながら6時間のバッテリー時間を持っていた。今回、登場するAeropexは、軽量化を図りながらもバッテリーは連続再生8時間(待機時間最大10日間)と、さらに強化。仮に、毎日の通勤で1時間使用したとしても充電は1週間に一度でOK。こまめに充電する煩わしさもない。

 

製品名:AfterShokz Aeropex(アフターショックス・エアロペクス)
カラー:コズミックブラック、ルナグレー、ソーラーレッド、ブルーエクリプス
スピーカータイプ:骨伝導
周波数特性:20Hz – 20KHz
感度:105±3dB
マイク特性:-38dB±3dB
Bluetooth® バージョン:Bluetooth® 5.0
対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HSP、HFP
充電電圧:5V±5%
スピーカーインピーダンス:8.5Ω ±20%
周波数帯域:2402MHz – 2480MHz
ワイヤレス・レンジ:10m
連続再生時間:最大8時間
待機時間:最大10日間
充電時間:約2時間
重量:26g
保証期間:購入日より2年間
防水防塵性能:IP67
バッテリー容量:145mAh
最大RF出力:4dBm

●Aftershokz Aeropexホームページ
https://focal.jp/aftershokz-aeropex.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る