Rugby World Cup 2019

ラグビーワールドカップ2019日本大会

サッカーのW杯、夏の五輪と並ぶ3大スポーツイベントの1つ、ラグビーW杯がいよいよ日本で開催される。地元開催で初のベスト8進出を目指す日本代表への注目はもちろん、W杯連覇中の王者オールブラックスことニュージーランド代表をはじめ、前回大会で日本が歴史的な勝利を収めた南アフリカ代表、今年のシックス・ネーションズを制したウェールズ代表、エディー・ジョーンズ前日本代表監督が率いるイングランド代表など、注目すべきチームは枚挙にいとまがない。そんな世界の列強が国の威信をかけて、日本の地で真剣勝負を繰り広げる。日本大会を待ちに待っていたラグビーファンはもちろん、これまでラグビーに触れてこなかった人にこそ、世界のトップ・オブ・トップを知ることのできる絶好の機会としてW杯に触れてもらいたい。W杯には、ラグビーの魅力が凝縮されている。4年に一度じゃない。一生に一度だ。

日本が入ったプールAを見ると、アイルランド、スコットランド、ロシアと5カ国のうち3カ国がヨーロッパの国ということが分かる。ロシアとサモアに対しては過去の実績からしても勝ち点を計算できる相手であるため、やはりベスト8の壁はアイルランドとスコットランドになるだろう。

スコットランドは、4年前も同じプールに入り、南アフリカを撃破して勢いに乗る日本が敗れた相手であり、その後のテストマッチでも勝てていない相手だ。圧倒的な武器はないが、すべての質が高く、隙がない。日本にとって、非常に戦いづらい相手といえる。

アイルランドは昨年、ヨーロッパの強豪6カ国による対抗戦「シックス・ネーションズ」を制し、11月にはテストマッチ17連勝中の世界最強軍団オールブラックス相手に歴史的な勝利を手にした。間違いなく大会優勝候補であり、日本がまだ見ぬ8強の座を目指す上で一番の障害になるはずだ。

●日本代表キャプテン、リーチ マイケル選手のインタビューはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る