GAViC 連載企画第4弾 他とは一味違う GAViC(ガビック)の トレーニング用品

 

日本発祥のブランドならではの創造性を活かした商品を販売している総合ブランド「GAViC(ガビック)」は、トレーニング用品のラインナップが充実している。サッカー、フットサル、アパレルをはじめ、総合ブランドとして展開する強みを活かし、シーンごとのニーズを吸い上げて商品にフィードバックすることで、オリジナリティのある商品を企画。また、海外のトレーニングシーンやスポーツシーンも参考にしながら、バリエーションを増やしているという。さらに、GAViCの各分野の商品と併せて使用することで、シナジー効果を発揮することができる。多彩なラインナップを誇るGAViCのトレーニング用品の中から、一押しの商品を紹介する。

ウォーターバッグ

GAViCのトレーニング用品の中で最も人気を誇るのが、「ウォーターバッグ」シリーズだ。水を使用して不安定な負荷を作り出すトレーニングアイテムで、主に体幹を鍛えることができる。水は35リットルまで入れることができ、水の量を調節することでそれぞれのレベルに合ったトレーニングをすることが可能。2、3リットルの水の量でも十分な負荷が得られ、効果的なトレーニングができるという。また、数種類の持ち手が付いているため、バッグの持ち方を変えるだけでトレーニングのバリエーションを増やすことも出来る。プロチームに導入されるだけでなく、最近は中高生の部活で使用されることも多いようだ。 昨年には一回りサイズの小さい「ウォーターバッグミニ」を発売。「ウォーターバッグを自宅で使うには大き過ぎる」という方も、ウォーターバッグミニを使用すれば自宅で手軽にトレーニングが可能だ。

リアクションボール

不規則なバウンドを活かし、動体視力、反射神経、集中力、俊敏性を鍛えることができるアイテムで、サッカーやラグビー、野球、テニスなどの球技を中心に各スポーツのトレーニングに最適。サッカーでは特にゴールキーパートレーニングで使用されており、GAViCのキーパーグローブの人気の高まりに伴い、リアクションボールの認知度も上がっているようだ。サイズは24センチと9センチの2種類で、24センチはサッカー、ラグビー、9センチは野球、テニスなどで利用されている。また9センチはリハビリにも活用されている。

マルチコーン&フラットマーカー

GAViCのコーンで最初に目を引くのはそのデザイン性だ。踏んでも割れないように独自の形状で作成されている。 また、日本でマーカーといえば山なりで真ん中に穴の開いた形状のプラスチック製のものが大多数を占めるが、海外で一般的に使われているのはフラットなタイプのマーカーだという。フィールドに置いても邪魔にならず、踏んでも壊れる心配がないため、長く使えるという点でも優れものである。

ネオウォーターボトル

ラグビーチームや、サッカー・イングランドプレミアリーグのチームをはじめ、世界のトップチームで使用されている新タイプのボトル。通常のウォーターボトルとは違いボトルを傾けずに水を飲めるのが特徴で、ボトルを押すだけで勢いよく水が出るため、スピーディーな水分補給が可能。口をつけない仕様で衛生的にも安心だ。既に海外では主流となっており、2015年のラグビーW杯出場国や、当時プレミアリーグで優勝したレスター・シティなどが使用していることから、いち早く日本市場へと落とし込んでいる。

■EQUIPMENT一覧
https://gavic.jp/type/equipment/

■GAViCホームページ
https://gavic.jp/

■GAViCインスタグラム
@gavicofficial

■GAViC Twitter
@gavicofficial

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る