鈴鹿アンリミテッドInterview GK セルヒオ・アレナス

自分にできる最大限の貢献をしたい

JFL(日本フットボールリーグ)昇格初年度のシーズンを、16チーム中12位で折り返した鈴鹿アンリミテッドFC。後半戦での巻き返しに向け、新たにチームに加わったのはスペイン人GKだった。新天地に日本を選んだセルヒオ・アレナスに、移籍の経緯や日本のサッカーについて語ってもらった。

ずっと国外でプレーしたかった

■鈴鹿アンリミテッドFCへの移籍を決めた理由は?
数年前から個人的に、国外のリーグでプレーすることを望んでいました。ですので、今回のオファーを貰った際、何の疑いもなく移籍を決断しました。ミラ監督とは彼女がアルバセテで指揮をしていたとき、自分はカンテラ(下部組織)にいて、直接指導を受けたわけではありませんが、存在自体は知っていましたし、鈴鹿をミラが指揮していることも知っていました。

■なぜ国外でプレーしたかったのですか?
サッカー人生というのは35歳くらいで終わる可能性があると昔から考えていました。自分は運よく、色々なディビジョンでプレーすることができ、スペイン国内では多くのサッカーを経験できました。ただ、残りのサッカー選手としての寿命を考えたときに、他国のサッカーであったり、文化について興味を持ちました。特定の行きたい国があったわけではなく、代理人が色々な国に対して働きかけてくれました。GKの国外移籍というのは、どこの選手であっても難しいものです。

■チームについての印象は?
ミラから話は聞いていましたが、実際にどれくらいのレベルかまではわかりませんでした。しかし一緒にプレーしてみて、特に技術面に関しては本当にレベルが高く、驚きました。まだJリーグ参入を目指している段階で、これだけのレベルであることに驚きましたね。

■日本についての印象は?
まだ来日して2週間くらいですが、正直に言って日本については良い印象しかありません。実は来日前、日本についてはミラから話を聞いたくらいで、最低限の情報しか知りませんでした。こちらに来てから新しく日本の情報を感じているところですが、ミラから聞いていた話との大きなギャップはありません。特に人間性、例えば自分を尊重してくれるところであったり、声をかけてくれるサポーターの方々、日本人の温かさに驚いています。想像以上だったのは、日本人の勤勉なところです。

■近年、日本とスペイン間の移籍も活発になってきています。スペインにおける日本サッカーの印象も変わりましたか?
FIFAランキングでスペインは上位であり、日本はそれほど高くはありません。そういったところからしても、すごくレベルが高い国という印象ではなかったと思います。しかし、近年選手が行き来していることもあって、日本のサッカーについてすごく活発に議論されています。日本には良いサッカー文化があると、スペイン人たちも感じています。

とても試合に飢えている

■サッカーをはじめたキッカケは?
父親がサッカー選手で、兄もサッカーをプレーしていたので、気が付いたら自分もプレーしていました。ただ、自分でもよく覚えていないのですが、父が言うには、最初からGKを希望していたそうです。サッカーは得点を多く獲った方が勝つスポーツなので、点を決めたがる選手が多く、GKはあまり人気のないポジションかもしれません。でも、もしかしたら自分のクレイジーな部分が、点を獲りたいと思っている選手たちを止めたいという気持ちにさせたのかもしれません(笑)。GKは自分の中でも特別なポジションです。

■憧れの選手などはいますか?
こうした質問でいつも答えていたのは、元レアル・マドリードのイケル・カシージャスです。でも今は、バルセロナのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに注目しています。彼のプレースタイルである、足元の技術に驚かされました。自分にとって、一番学びたいところでもあるので、彼のプレーには注目しています。

■自身の特徴・アピールポイントを教えてください。
自分のストロングポイントは、セービングもそうですが、チームに落ち着きを与える部分です。足元の技術も悪くないと思っていますし、チームに貢献できると感じています。

■シーズン後半戦に向けて、意気込みをお願いします。
ここに自分が着いてからの2週間、まだリーグが再開されていないという状況で練習をこなしているので、とても試合に飢えています。リーグに対しては、自分ができる限りの貢献を、ピッチ内でもピッチ外でもしていきたいと強く感じています。

■ファンへのメッセージをお願いします。
まず、自分がこのチームにいられることをとても嬉しく思っています。チームに貢献したい気持ちでいっぱいです。自分がファンの皆さん、鈴鹿アンリミテッドのエンブレムに誓うのは、自分にできる最大限の貢献をするということです。

セルヒオ・アレナス
Sergio Arenas
生年月日:1989年3月11日
出身地:スペイン
身長/体重:186cm/79kg
背番号:30
経歴 ※全てスペイン国内のチーム
2009/2010 アルバセテ・バロンピエB
2010/2012 ヘタフェB
2012/2013 アルバセテ・バロンピエB
2013/2015 アルマンサ
2015/2016 バダホス
2016/2018 タラベラ
2018/2019 アトレティコ・トメリョソ

●9月の試合日程
《鈴鹿アンリミテッドFC》
日本フットボールリーグ2019(JFL)
9月8日(日) 12:00 vsラインメール青森 @AGF鈴鹿陸上競技場
9月15日(日) 17:00 vs流経大ドラゴンズ龍ヶ崎 @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド
9月22日(日) 13:00 vs松江シティFC @松江市営陸上競技場

HP:http://suzuka-un.co.jp

Twitter:@SuzukaUnlimited

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る