鈴鹿アンリミテッドInterview ミラグロス・ マルティネス・ドミンゲス監督 JFL史上初の女性監督が語る シーズン終盤戦への想い

JFL(日本フットボールリーグ)昇格初年度のシーズンで、まずは残留を目指して戦っている鈴鹿アンリミテッドFC。史上初となるスペイン人の女性監督として話題をさらったミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏(以下ミラ監督)に、シーズン終盤戦に向けた想いを語ってもらった。

ミスを引きずっても意味はない

■残留を争う流経大ドラゴンズ龍ケ崎、松江シティFCとの直接対決で2連勝できたことは大きかったと思います。振り返っていかがですか?
やはり残留を争う直接対決が2連戦あり、2連勝できたことで、チームの雰囲気や順位、勝ち点という意味でも大きな試合でした。

■得点王を争っているリンタロウ選手が、ミラのサッカーはやりやすいと言っていました。彼に期待していることは?
彼はブラジル出身ということもあり、日本人のフォワードとは異なる特徴を持った選手です。自分がやろうとしているサッカーも、フィジカル的な要素を強く出すサッカーではありません。彼自身もフィジカルでゴリゴリ行くようなタイプではないので、やろうとしているサッカーにマッチしているのだと思います。彼にはゴールに近い位置でプレーし、ゴールを取ることに特化してもらっています。

■勝てない時期が続きましたが、どのようにチームマネージメントしてきましたか?
まずは試合で起きたエラーを修正しようとしました。次の試合に持ち越さないように、常にエラーを修正すべく取り組んでいました。ミスをして負けても、それを引きずることに意味はないということは伝えていました。後悔してもミスをやり直すことはできません。大事なのは、同じミスをしないこと、そして先に進むこと。選手によく言うのは「新しい週が始まった。また全力で取り組んでいこう」ということです。

■いよいよシーズン終盤戦です。上位相手も控えていますが、意気込みをお願いします。
シーズンも残り5試合で、上位陣との重要な試合を控えていることはチームとしても認識していましたので、先日の勝利(vsヴェルスパ大分戦)は非常に重要な勝利となりました。この勝利のおかげで、チームとして良いイメージをもってこれからの上位との戦いに臨んでいけます。
ラグビーのファンになった
■日本では、ラグビーワールドカップが行われています。ラグビーは観ましたか?
観ています。南アフリカ戦も観させてもらって、結果は残念でしたが、すごく良い試合をしましたし、ファンの多さ、ラグビーの盛り上がりも感じました。自分も改めて、ラグビーのファンになりました。

■鈴鹿ではF1が行われ、もてぎではMotoGPも行われました。モータースポーツは観ますか?
スペインではモータースポーツはものすごく人気があります。F1のファンの友達から「観に行っているの?」と連絡が来ていましたが、台風の影響もあり、観に行くことはできませんでした、そのくらい、モータースポーツはスペインでも注目度が高いです。

■サッカーに話を戻します。久保建英がマジョルカへ、香川真司と岡崎慎司はスペイン2部へ移籍しました。このニュースについてはどう思いますか?
驚きはありませんでした。どのスペインの監督や選手たちも日本人の能力、戦術理解度、他者を尊重し規律を守る人間的な部分を評価しており、スペインサッカーからしても日本人選手は価値の高いものとして認知されています。日本サッカーにとっても、スペインサッカーにとっても良い移籍だったと思います。

■最後に、ファンへのメッセージをお願いします。
ホームゲームも残り3試合、皆さんの声援が重要になってきます。いつも応援してくれる皆さんに対して勝利を届けたい。鈴鹿のサポーターは遠くアウェーに来ても、一緒に追いかけてきてくれます。アウェーでの皆さんの声援も待ち続けています。少しでも勝ち点を取って、目標へ向けて頑張っていきますので、また熱い応援宜しくお願いします。

●10月の試合日程
《鈴鹿アンリミテッドFC》
日本フットボールリーグ2019(JFL)
11月3日(日) 13:00 vsHonda FC @AGF鈴鹿陸上競技場
11月10日(日) 13:00 vsヴィアティン三重 @東員町スポーツ公園陸上競技場
11月17日(日) 13:00 vsFC今治 @三重交通G スポーツの杜 鈴鹿
11月24日(日) 13:00 vs奈良クラブ @AGF鈴鹿陸上競技場

HP:http://suzuka-un.co.jp

Twitter:@SuzukaUnlimited

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る