第98回全国高校サッカー選手権大会

“冬の風物詩”高校サッカー選手権 令和最初の王者に輝くチームは?

11月18日(月)、第98回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が都内で行われた。

前回大会を制した青森山田(青森)は、初戦で米子北(鳥取)と対戦。また、開会式と開幕戦は12月30日(月)に駒澤陸上競技場で開催され、國學院久我山(東京B)と前原(沖縄)が開幕戦を戦う。なお、開会式での選手宣誓は日章学園(宮崎)の阿部稜汰に決定した。

11月22日時点で初出場は興國(大阪)、専修大北上(岩手)、日大明誠(山梨)、愛工大名電(愛知)、五條高(奈良)、大手前高松(香川)、今治東中等教育学校(愛媛)の7校。群馬県と千葉県、神奈川県、新潟県、福岡県の5県は代表校がまだ決まっておらず、12月4日に行われる福岡決勝を経て、全出場48校が出揃う予定だ。

前回王者の青森山田は県予選決勝をPK戦の末に勝利する苦戦を強いられたものの、結果的には無失点での優勝と強さを見せた。武田英寿(浦和レッズ加入内定)と古宿理久(横浜FC加入内定)を擁しており、連覇に向けて戦力は整っている。

対抗馬は、昨年度ベスト4で大会得点王候補でもある染野唯月(鹿島アントラーズ加入内定)が所属する尚志(福島)、夏のインターハイ準優勝校の富山第一(富山)が挙げられる。また、まだ出場は決まっていないが、インターハイ王者の桐光学園が神奈川予選を突破すれば、優勝候補に数えられるだろう。

決勝戦は来年1月13日(月・祝)に埼玉スタジアム2002で行われる。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る