『医師も薦める子どもの運動』 発売記念インタビュー~中野ジェームズ修一~

青山学院大学の駅伝チームや、数多くのトップアスリートを指導してきた中野ジェームズ修一氏が、まだ身体ができていない子どもたちに向けた指導本『医師も薦める子どもの運動』を上梓した。本書の特徴や、込められた想いについて語ってもらった。

もう一度、足し算・引き算から見直してほしい

やらなすぎる子ども、やりすぎる子ども

本書を執筆しようと思ったキッカケは?
我々が普段、指導しているのはある程度の成長期に来た段階の子どもたち。すでにトレーニングを積んで、ある程度の身体能力や技術が備わっている中で、さらにメダルを取るためにどうすればいいかというケースが多いんです。そんな中で、彼らの体を見たときに、この子の体がもっと丈夫だったら、もっと強かったら、より負荷のあるトレーニングができるのに、より多くのセット数を課せられるのにと考えることがあります。でも、それをやると体が壊れてしまう。壊れてしまうから量を課すことができない。監督たちが出すメニューの量と、子どもたちがフィジカル的に耐えられる量に差があるので、子どもに合わせて負荷を下げるか、構わずにやり続けて壊れるところまで行くか。監督としては、トレーニングで強くしろというが、それも限界があります。私はトレーナーなので、その狭間にいつもいました。なので、成長し終わった子どもたちへの指導本を出すのではなく、その前の段階で親御さんに子どもをこう育ててほしいという本を出してみようと考えました。また、今の子どもたちは、運動をやらない子はまったくやらないし、逆にやっている子は英才教育のようにガンガンやっていて、ひざやひじを痛めている。それをトレーニングのせいではなく体が弱いからだと指摘されて、そうやってスポーツができなくなる子どもができてしまうのは可哀想じゃないですか。そういう子どもたちをなくしていきたいという想いから、この本の発想へと至りました。

本書の執筆にあたり、難しかったことはありますか?
体をちゃんと動かしてこなかったことによって弱くなっている子たちを、強くするためにどうしていくか。一方で、やりすぎて怪我をしてしまっている子たちに、適切な運動を教えなければいけない。この両極端をまとめるのが難しかったですね。また、子どもたちだけではなくて、指導者の方たちにも読んでもらいたい。例えば「うさぎ跳びはやってはいけない」ということに対して、「うさぎ跳び」自体がいけないことだと思ってしまっている。うさぎ跳びのどこがどのようにしてオスグッドに繋がってしまうのかがわかっていないから、違うメニューでもうさぎ跳びと同じ負担のかかることをしてしまっている。そこの教育もしていかないといけないと思いました。最近、スポーツ指導者への講習会が多く、サラリーマンをしながら地域で野球を教えていたり、サッカーを教えていたりする指導者の方たちが、どう指導していいか分からないというニーズがあるんですね。そういった指導者たちへの教科書になればいいなという想いもあります。あまり流行的なことは書かずに、何年経っても変わらない、普遍的でオーソドックスなメニューをピックアップしました。

娯楽が多様化する中で、運動(スポーツ)の重要性とは?
子どもの発育段階でしか、発達できない部位というのがあります。例えば骨なんかは典型的で、ピークボーンマス(最大骨量)という言葉があって、20 ~ 30代がピークとなって後は下がっていくだけ。高いところに持っていけるのは、成長期の時だけなんです。あとはどれだけトレーニングしても下がっていってしまう。部屋にこもってゲームをやっている場合じゃないんです。ただカルシウムを摂ればいいわけではなくて、ジャンプして遊んで、骨に刺激を与えることで強くなっていく。ゲームばかりやっている子どもは、50 ~60代ではなくて、早ければ40歳くらいから骨が脆くなってしまう。そういう危険性があることを知ってほしい。ただ、トレーニングは子どもたちが楽しいと思わなければ続きません。正直、今のゲームは映像もすごく良くなっているし、リアリティがあって、あの世界にいたら公園のジャングルジムやブランコなんてつまらないと感じてしまってもおかしくない。そうなってくると、遊びの中でトレーニングを取り入れていくことが重要になってきます。

親子のコミュニケーションの機会に

本書では様々なメニューが紹介されています。中でも特に注目してほしいメニューはありますか?
一番は、子どもがやってはいけないトレーニングと、それをやっていいものに変えたものを載せているところです。自分のお子さんで、一度試してみてもらいたいですね。それから、親子でできるトレーニングメニューがいくつかありますので、お子さんとぜひ一緒にやってみてほしいです。

やってはいけないトレーニングが紹介されているのは、今までの指導書にはあまりなかった視点のように思えますが?
本で紹介しているのは最低限で、そんなに量は多くありません。ここだけは押さえておいてほしいというところをピックアップしています。親御さんはもちろん、指導者の方にも読んでいただきたい。ただ、本に載せてはいますが、例えば新体操やフィギュアスケートを習っている子であれば、できてしまうトレーニングも結構あります。本ではいけないと紹介していても、競技によってはやっても良い動作も出てきてしまう。そう考えると、一概にやってはいけないと紹介するのは難しかったですね。そこまで競技性が高くなく、そこまでやり込んでいない子どもに向けて、メニューを選びました。

本書を読んだ「子ども」に感じてほしいことは?
本書の「子どもの柔軟性バランスチェック」動作をやってみると、その子の骨格の特徴が分かります。自分の骨格・関節が正しい状態にあるかどうかを把握する目安になります。あとは「筋トレ」というとダンベルを使って辛い、面白くないというイメージがあるかもしれませんが、そういったものだけが筋トレじゃないことを知ってもらいたい。君たちの年代であれば、このトレーニングで十分なんですよと。小さい頃はあまり筋トレをしてはいけないという風潮がありますが、適度に正しくやることが重要なんです。

本書を読んだ「大人(保護者)」に感じてほしいことは?
子どもたちにスポーツを教えているのは、お父さんお母さんではありません。誰かに委ねているはずです。そこでやっているトレーニングが本当に正しいのかどうかを考えるキッカケになってほしい。また、この本を出すにあたり、スポーツをしている子どもを持つ親御さんに集まってもらって座談会をしました。今の子どもたちは、お父さんお母さんに試合に来てもらいたくないというそうです。できないくせに、お母さんに口を出されたくないと。気持ちは分からないでもないですが、そうなるとコミュニケーションが取れませんよね。お母さんができることはお弁当を作ることぐらいになってしまう。この本を通じて、一緒に遊びながらトレーニングができると思うし、トレーニングに関しては子どもも素人だし、親御さんも素人。一緒に学んでいってほしい。そこでコミュニケーションも生まれると思います。

最後に、改めて本書のPRをお願いします。
今回のトレーニング本の特徴は、最低限してはいけないことが載っていることと、成長過程の段階をイメージしてやるといいものを載せていること。立ちのトレーニングから入るのではなく、成長過程と同じ順番で体づくりができるトレーニングメニューが特徴です。もう一度、赤ちゃんの時から、立っていく過程を一個一個積み重ねていき、体の根幹となる部分の体づくりをして、どんなスポーツをやらせても強い体を作る。本当はトレーナーとどのレベルから始めるか相談していくのですが、それが分からないので、最初からやっていきましょうと。例えば算数で、割算をやっているけど問題が解けない。そんな時に、もう一度足し算・引き算から見直していきましょうと。解決できないのは、根本の部分ができないからなのかもしれない。そういうのがいいなと思ってもらえる方に読んでいただきたいですね。

プレゼント

中野ジェームズ修一氏の著書『医師も薦める子どもの運動』に直筆サインを入れて3名様にプレゼント!応募はこちら

中野ジェームズ修一
1971年生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定
エクササイズフィジオロジスト(運動生理学士)。アディダス契約ア
ドバイザー。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導
できるトレーナー。
㈱スポーツモチベーション
https://www.sport-motivation.com/

書籍情報

医師も薦める子どもの運動
著:中野ジェームズ修一
監修:佐藤和毅・田畑尚吾
単行本:160ページ
出版社:徳間書店
発売日:2020/2/18
URL:http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198650384

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る