-Revs your Heart- 大好きなYAMAHAから世界へ 渡辺祐介

watanabe

まだ19歳ながら、レース歴は16年。父親もモトクロスライダーだったという“サラブレッド”渡辺祐介は、「YAMAHA以外乗ったことがない」というほどのYAMAHA好き。そんなYAMAHAの期待の星として世界に挑む渡辺に、モトクロスの魅力や今シーズンの目標を語ってもらった。

watanabe_2

■モトクロスを始めたキッカケを教えてください。
「父が昔モトクロスをやっていて、引退後にたまたま全日本モトクロス選手権へ連れて行ってくれました。ちょうど僕が3歳くらいのときでした。そこで観た全日本のレースよりも、同じ会場で昼休みに見たPW50のクラスがとても印象に残って、バイクに乗るキッカケになりました」

■父親の影響は大きいですか?
「そうですね。バイクを始めたキッカケもそうですし、それからずっとサポートしてもらって、去年まで色々教わってきました」

■YAMALUBEに入る際も、父親に相談しましたか?
「いえ、そこは自分で決断しました。小さい頃からYAMAHAのバイクに乗っていて、正直YAMAHA以外乗ったことがありません。それくらいYAMAHAが好きで、YAMAHAのトップチームに行くのが夢でした」

■憧れのライダーはいますか?
「海外のレースも観ますけど、ずっとYAMAHAを追っています。チャド・リードと成田亮さんが大好きでした。チャンピオンであり続ける難しさがあると思うのですが、それを体現している方たちなので、今でも尊敬しています」

■モトクロスの魅力を教えてください。
「僕が思う一番の魅力は、ジャンプですね。ただ高く跳べばいいというものではなくて、着地後の加速につなげるために、いかに速く、いかに遠く跳ぶかが難しいです。成長の余地があると感じています。また、モータースポーツでは唯一の横一列のスタートも迫力があります」

■自身のライディングスタイルを教えてください。
「小さい頃から、最後の最後まで攻め続けるライディングを心がけています。特にコーナーでは、転倒を恐れずに攻める姿勢は持ち続けたいです」

■YAMALUBEの一員となり、意識の変化はありますか?
「若手の育成を目的としたチームですので、トレーニング面は充実していますし、ライディングもよく見てもらっています。監督に見てもらうという点では、トップチームにいたときよりもしっかりと細かいところまで見てもらえていると感じます。シーズン前に、アメリカでAMAでトップライダーとして活躍していたダグ・デュバック氏にトレーニングしてもらい、成長する上で欠かせない経験となりました。ダグさんは、長い経験と知識を持っている上、今もベテランクラスで活躍していて、ライダー目線で話してくれるので、非常にありがたいです。成長するにはとてもいい環境にいると思います」

■オフの日はどう過ごしていますか?
「基本的に、体を動かしていないと気がすまない性質(たち)なので、オフの日もトレーニングに行ったりします。ただ、体を休める日も必要なので、そういう日はまったり過ごしますね」

■他に好きなスポーツはありますか?
「高校時代はソフトテニス部に入っていたので、たまに地元に帰った際に同級生とソフトテニスをやったりします。あとはやっぱりモトクロスのレースを観ますね。世界選手権を観てモチベーションを上げたり、イメージを湧かせたりします」

■今シーズンの目標を教えてください。
「目標は全日本チャンピオンです。去年、怪我をしてしまい、シーズンの半分、レースに出場できませんでした。今年は全試合出場して、チャンピオンを目指します」

■最後に、読者へのメッセージをお願いします。
「今年からYAMALUBEで走ることになりました。まずは全日本チャンピオンを目指します。青いバイクの43番、渡辺の応援を宜しくお願いします!」

プロフィール

watanabe_3
渡辺 祐介
Yusuke Watanabe
1995年12月14日生まれ 福島県出身
所属:YAMALUBE RACING TEAM
◇主な成績
2013年:全日本選手権IA2 ランキング 9位
2014年:全日本選手権IA2 ランキング 15位

アンケート一問一答

watanabe_3
Q1 レース歴は何年?
16年間
Q2 (性格的な)長所は?
何事も最後まで諦めない
Q3 (性格的な)短所は?
焦ってしまうところ。熱くなりすぎるところ
Q4 趣味は?
スポーツをする。体を動かすこと
Q5 好きな本は?
スポーツ雑誌
Q6 尊敬している人は?
父親
Q7 将来の夢は?
世界のレースで走ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る