Jリーグクラブ内定選手インタビュー 和泉竜司(明治大学4年生)

Izumi

強豪・明治大学で主将を務め、来シーズンからはJ1の名古屋グランパス入りが内定している和泉竜司選手に、後期リーグ開幕への意気込みや今後の抱負について語ってもらった。

■市立船橋高校(以下、市船)卒業後、Jクラブではなく大学進学を選んだのはなぜですか?
「僕の中で、高校2年生の終わり頃、Jクラブから何チームものオファーが来るようなレベルでなければ、大学に行った方が成長できると考えていました。高卒でいきなり試合に出ることがどれだけ難しいかは知っていたので、オファーが殺到するくらいのレベルじゃないと通用しない。そう考えて、大学進学を選択しました。明治大学からも声をかけていただき、ちょうど第一志望だったこともあって明治に進学しました」

■なぜ明治大学が第一志望だったのですか?
「僕らが高校生のとき、ちょうど明治大学が強かったことと、市船と明治大学の繋がりが強かったことも影響しています。小川佳純さん、矢田旭さん(以上、名古屋グランパス)、石原幸治さん(横河武蔵野FC)といった先輩もみんな市船から明治ですし、市船の主力は明治へという流れがありました」

■大学サッカーで成長できた部分はどこですか?
「守備の部分ですね。いい守備からいい攻撃へというように、今は守備が基本ですから。市船も守備のチームですけど、高校と大学では守備の仕方が違うので、最初は戸惑いもありましたが、Jクラブのキャンプに参加させていただいて、そこから守備の意識は高くなりました。高校、大学、プロといった守備の違いを1年目から経験できたのは大きかったですね」ロになれないし、夕飯の時間になっても好きでずっとボールを蹴っている人の方が上手くなる。そこが一番楽しい時間ですから。プロにはそういう人しかいませんよ。また、みんなプロになれなくても、向いているものは絶対にあるので、それまでに培ったエネルギーを基に、向いているものを探してほしいと思います」

■選手としての特長を教えてください。
「どのポジションからでも得点に絡めることです。攻撃のユーティリティー性といいますか、日頃から自分のできること、プレーの幅というのを意識していますので、他の選手よりは選択肢が多いのかなと思います。それからペナルティーエリアの中だったり、点を取るための動きだったりというのは武器だと思います。大事なときに点が取れる勝負強さというのも意識しているところですし、自分の強さだと思っているので、もっともっと伸ばしていきたいです」

■ライバルと思っている選手はいますか?
「順天堂大学の(長谷川)竜也は、静岡出身で同じ東海地区出身の選手ということもあり、小学校からの知り合いです。やはり意識はしますし、本当に上手いんですよ。相手にすると厄介ですね」

■大学サッカーの良さはどのようなところだと思いますか?
「何回もチャレンジできるところですね。プロではなかなかチャンスをもらえなかったり、限りあるチャンスで失敗に対して非常にナーバスになってしまうと思います。でも大学では常にチャレンジできる。大学の良さはそこにあると思います。明治に入ったことは後悔していません。言われたことだけではなく、選手たち自身で考えて、サッカーはもちろん、サッカー以外のことにも取り組む。そういうところは高卒の選手には経験できない大学の良さ、明治の良さだと思います」

プロフィール

izumi2

和泉 竜司
Ryuji Izumi
1993年11月6日生まれ
三重県出身
身長/体重:173cm/68kg
所属:明治大学(4年生)
前所属:市立船橋高校

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る